鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ

FB



歴史めぐり源頼朝
〜政子懐妊・頼家の誕生〜







 1182年(養和2年)3月9日、北条政子が懐妊し、安産祈願の「着帯の儀」が執り行われました。
 
 帯は千葉常胤の妻が用意し、子胤正が献じています。

 源頼朝自らが帯を締め、丹後局(安達盛長の妻)が手伝いをしたといいます。

 3月15日、頼朝は、政子の安産祈願のために鶴岡八幡宮の参道若宮大路の造営にとりかかります。

  頼朝自らが指揮し、北条時政らの御家人が土や石を運んだといいます。


丹後局は頼朝の乳母を務めた比企尼の娘。


若宮大路
若宮大路

 若宮大路は一の鳥居から一直線に延びる鶴岡八幡宮の参道。


段葛
段葛

 中央の一段高い段葛も同時期に造営されたものと考えられています。



 若宮大路の造営と併行して行われたのが放生池(現在の源平池)の造営です。
 
 4月24日、專光坊良暹と大庭景義が奉行に任命され、弦巻田と呼ばれた三町余りの斎田の耕作をやめて池にしたのだと伝えられています。

 また、源氏池の旗上弁財天社は、若宮大路を造営する際、琵琶小路にあった祠を移したものとも伝えられています。

 5月15日には橋が架けられ(現在の太鼓橋)、朱塗りの板橋だったことから赤橋と呼ばれました。


源平池(鶴岡八幡宮)
源平池
太鼓橋(鶴岡八幡宮)
太鼓橋







 7月12日、出産間近となった政子は、産所とした比企ヶ谷の比企邸へ移ります。

 御産の間の雑事の奉行には、梶原景時が任命されています。


妙本寺(鎌倉市)
妙本寺
(鎌倉市)

 妙本寺は比企邸の跡に建てられた寺。

 山門横には、比企能員邸跡の石碑が建てられています。



 8月11日、夜になって政子が産気づくと、頼朝は比企邸に赴き、祈祷のための奉幣の使者を伊豆山権現箱根権現と近国8箇所の宮社に派遣しています。


伊豆山神社(熱海市)
伊豆山神社
(熱海市)
箱根神社(箱根町)
箱根神社
(箱根町)

大国魂神社(府中市)
大国魂神社
(府中市)



 翌8月12日午後6時頃、無事に男児(頼家)が生まれると、悪魔払いのため、大庭景義らによって「鳴弦」が、上総広常によって「引目」の儀式が行われます。

 そして、午後8時頃、乳母になる河越重頼の妻が呼ばれ、初めて乳を与える儀式が行われました。

 8月13日、宇都宮朝綱、畠山重忠、土屋義清、和田義盛梶原景時梶原景季、横山時兼が「護り刀」を献上しています。

 その他、御家人たちが献上した馬は、200頭にもなり、鶴岡八幡宮をはじめとする神社に奉納されました。

 その後、三夜・五夜・七夜・九夜の儀式が執り行われています。


河越重頼の妻は、頼朝の乳母を務めた比企尼の娘。





浮気発覚・政子激怒




鶴岡八幡宮の造営

江の島に弁財天を勧請



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉のハギ お十夜