鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



歴史めぐり源頼朝
〜江の島に弁財天を勧請〜







 1182年(養和2年)、源頼朝奥州平泉の藤原秀衡調伏のため、文覚に命じて江の島に弁財天を勧請しました。

 4月5日、その供養のため、足利義兼北条時政畠山重忠、結城朝光、上総広常土肥実平、佐々木盛綱、和田義盛らを供として江の島を訪れます。
 
 江島神社奥津宮の鳥居は、そのとき頼朝が寄進したものと伝えられています。

 文覚は、そのまま江の島に籠もり、21日間の断食をして祈りを捧げたということです。


 前年の1181年(養和元年)8月、清盛の跡を継いだ平宗盛は、藤原秀衡を陸奥守に推挙し頼朝追討令を出しています。

 そのため、頼朝は奥州の脅威にさらされていました 。


江の島
江の島
(藤沢市)

 江の島は神仏混淆の霊地として信仰を集めた島。

 かつての江島神社は、金亀山与願寺という寺で、頼朝が弁財天を勧請したときを創建とする説もあります。
 
 明治の神仏分離によって江島神社となりました。


源頼朝寄進の鳥居(江の島)
奥津宮の鳥居

頼朝の寄進と伝えられ、現在の鳥居は、2004年(平成16年)の台風で破損した後、補修されたもの。


奉安殿(江の島)
辺津宮の奉安殿

裸弁財天(妙音弁財天)と頼朝が勧請したと伝わる八臂弁財天を安置する八角堂。


 江の島参拝の帰路、頼朝は金洗沢(七里ヶ浜)で牛追物を催し、下河邊行平・和田義盛・小山田重成・愛甲季隆などが褒美を与えられています。



 頼朝の祈願所・補陀洛寺の創建もこの年だったと伝えられています。

 開山は文覚

 頼朝自作といわれる木像、文覚が書いたとされる頼朝の位牌、文覚の裸形像、平宗盛が持っていたという平家の赤旗などが残されています。


補陀洛寺(鎌倉市)
補陀洛寺
(鎌倉市)




政子懐妊・頼家の誕生

志田義弘の反抗と木曽義仲との対立



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント