鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



歴史めぐり源頼朝
〜木曽義仲追討〜







 1183年(寿永2年)閏10月、木曽義仲と対立していた後白河法皇は、源頼朝を上洛させるため、頼朝を元の官職である従五位下左兵衛佐に戻し、「東海・東山両道における頼朝の支配権」を認めます(寿永二年十月宣旨)。

 これによって、これまで反乱軍として扱われていた鎌倉軍は、朝廷から認められる軍となりました。

  さっそく頼朝は、その権限を行使し、翌11月に入ると、木曽義仲の動向を探るため、弟義経を近江国へ派遣します。

 一方、後白河法皇に見放され、頼朝の上洛を恐れる都の義仲は、11月19日、後白河法皇の法住寺殿の焼き討ちし、12月には頼朝追討の院宣を強要、翌年1月には征東大将軍に任命されました。

 これに対し頼朝は、弟範頼に義仲追討を命じ、大軍をつけて鎌倉を出発させます。

 そして、1月20日、範頼が瀬田から、義経が宇治から京を攻撃したことで、義仲は惨敗を喫します。

 義仲はわずかな兵ととともに京を脱出しますが、1月20日、範頼の大軍に攻められ、近江国粟津で討死しました。


三十三間堂(京都市)
三十三間堂
(京都市東山区)

 三十三間堂は、後白河法皇の院御所法住寺殿の一角に建てられました。


宇治川先陣の碑
宇治川先陣の碑
(宇治市)
 宇治川の戦いでは、佐々木高綱梶原景季が先陣争いを繰り広げました。


木曽義仲首塚
木曽義仲首塚
(京都市東山区・八坂の塔)



宇治川の先陣争い




上総広常の暗殺

木曽義高の誅殺



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント