鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



歴史めぐり源頼朝
〜伊豆国流罪〜







 平治の乱の敗北後、平清盛に捕えられた頼朝は、源氏の正嫡であることから処刑を免れることはできない状況に置かれていました。

 しかし、清盛の継母池禅尼の懇請で命を助けられたと伝えられています。

 助命となった頼朝は1160年(永暦元年)3月11日、伊豆国流罪となります。

 流されたのは蛭ヶ小島だったと伝えられています。 


蛭ヶ小島
蛭ヶ小島
(静岡県伊豆の国市)





〜比較的自由な暮らしが許されていた頼朝〜

 伊豆に流された頼朝は罪人ですので、その社会的な地位は否定されていました。

 したがって、所領を持つこと、家来を持つこと、伊豆国の外へ出ることなどができなかったようです。

 しかし、頼朝の乳母たちの援助によって、生活には困らなかったようですし、乗馬や狩猟は自由だったといいます。

  特に比企尼の物資の援助は、頼朝を助けたと思われますし、尼の娘婿の安達盛長、比企能員、河越重頼、伊東祐清なども頼朝の支援者として働いていたものと考えられています。

 また、京都の三善康信は、伯母が頼朝の乳母だったということから、京都の情報を送り続けていたといいます。

  他に、小山政光の娘寒川尼、山内俊通の妻といった乳母たちも頼朝を支援していたものと思われます。

 こうした環境の中で、約20年間を伊豆国で過ごすこととなります。




保元の乱と平治の乱

伊東祐親の娘八重姫との恋



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント