鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ

FB



歴史めぐり源頼朝
〜義経の腰越状〜







 1185年(元暦2年)5月7日、源義経は壇ノ浦で捕えた平宗盛父子を護送して鎌倉へ向かいます。

 しかし、頼朝は、義経が鎌倉に入ることを許しませんでした。

 七里ヶ浜金洗沢には義経の鎌倉入りを阻止するための関所が設けられたといいます。


〜腰越状〜

 義経は、頼朝に対して起請文を何通か出しているようですが、何の返答もなかったことから、頼朝の側近である大江広元に書状を送ります。

 この書状が「腰越状」です。
 鎌倉腰越の満福寺で書かれたと伝えられています。

 以下に紹介するのは満福寺のリーフレットに載せられていた「腰越状」のあらすじです。


満福寺(鎌倉市)
満福寺
(鎌倉市)


 源義経おそれながら申し上げます気持は、鎌倉殿のお代官の一人に撰ばれ、天皇の命令のお使いとなって父の恥をすすぎました。

 そこできっとごほうびをいただけると思っていましたのに、はからずも、あらぬつげ口によって大きな手柄もほめてはいただけなくなりました。

 私、義経は、手柄こそたてましたが、ほかに何も悪いことを少しもしてはいませんのに、おしかりを受け、残念で涙に血がにじむほど、口惜しさに泣いています。

 あらぬつげ口に対し私のいいぶんすらおきき下さらないで、鎌倉にもはいれず、従って日頃の私の気持ちもおつたえできず、数日をこの腰越でむだにすごしております。

 あれ以来、ながく頼朝公のいつくしみ深いお顔にもおあいできず、兄弟としての意味もないのと同じようです。

 なぜ、かようなふしあわせなめぐりあいとなったのでしょう。

 亡くなられた父のみたまが、再びこの世にでてきて下さらないかぎり、どなたにも私の胸のうちの悲しみを申し上げることもできず、またあわれんでもいただけないのでしょう。

 あの木瀬川の宿で申し上げました通り、私は、生みおとされると間もなく父は亡くなり、母にだかれて、大和国宇田の郡龍門の牧というところにつれてゆかれ、一日片時も安全な楽しい日はなかったのです。

 その当時、京都も動乱がつづき、身の危険もあったので、いろんな所へかくれたり、遠い国へも行ったり、そしていやしい人たちまでにも仕えて、何とかこれまで生きのびてきました。

 忽ち、頼朝公の旗揚げというめでたいおうわさに、とび立つ思いで急いでかけつけましたところ、宿敵平家を征伐せよとのご命令をいただき、まずその手はじめに義仲を倒し、つぎに平家を攻めました。

 ありとあらゆる困難に堪えて、平家を亡ぼし、亡き父のみたまをおやすめする以外に、何一つ野望をもったことはありませんでした。

 その上軍人として最上の高官である五位ノ慰に任命されましたのは、自分だけでなく源家の名誉でもありましょう。

 義経は野心などすこしもございません。

 それにもかかわらず、このようなきついお怒りをうけては、この義経の気持ちを、どのようにおつたえしたなら、わかっていただけるのでしょうか、

 神仏の加護におすがりするほかないように思いましたので、たびたび神仏に誓って偽りを申しませんと、文書をさしあげましたがお許しがありません。

 せめて、あなたのおなさけによって義経の心のうちを、頼朝殿にしらせていただきたいと思います。

 うたがいがはれて許されるならば、ご恩は一生忘れません。

元暦二年五月 日 源義経

進上因幡前司殿


 しかし、頼朝の許しを得ることはできず、6月9日、「平宗盛父子を護送して帰京せよ」という命令が届きます。

 このとき「頼朝公に不満のある者はついてこい」という発言があったと伝えられています。
 6月13日には、全ての所領が没収されました。



〜帰京途中の義経伝説〜

公所浅間神社(大和市)
公所浅間神社
(大和市)
高安寺弁慶硯の井戸
弁慶硯の井戸
(府中市:高安寺)


源義経の歴史めぐり(okadoのブログ)




義経追放

土佐坊昌俊の義経襲撃



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉のハギ お十夜