鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



歴史めぐり源頼朝
〜鶴岡八幡宮の放生会と流鏑馬〜







 1187年(文治3年)8月15日、源頼朝は、鶴岡八幡宮で放生会を行います。

 頼朝は、源範頼、大内義信、加々美遠光、安田義定、伏見広綱、小山朝政、千葉常胤三浦義澄、八田知家、足立遠元らを供に放生会に参列しました。

 これが現在の例大祭の始まりとなります。

 放生会は、仏教の殺生を禁じる思想に基づくもので、魚や鳥などを山野に放ち、善根(よい報いを招くもととなる行為)を施すという仏教の儀式です。

 鶴岡八幡宮の放生会では、源平池(放生池)に鯉などを放ち、善業を積むという意味合いが込められていたといいます。

 『吾妻鏡』には、8月1日から15日までの間、殺生を禁止することを関東の荘園などに命令し、鎌倉の海、浜、川、溝などでもこれを守らせるよう命令されたことが記されています。


鶴岡八幡宮(鎌倉市)
鶴岡八幡宮
(鎌倉市)
源平池(鶴岡八幡宮)
源平池
(鶴岡八幡宮)


 前年の8月15日、西行から弓馬について聞いた頼朝は、この放生会で流鏑馬を奉納します。

 流鏑馬の起源は古く、『日本書紀』には「馬的射」(うまゆみい)を行ったとあるようです(680年(天武天皇9年))。

 この「馬的射」が「流鏑馬」の原型といわれています。


この日、奉納された流鏑馬では、射手五騎の全てが的中させたといいます。


一番

射手 長江太郎義景

的立 野三刑部丞成綱


二番

射手 伊沢五郎信光

的立 河匂七郎政頼


三番

射手 下河辺庄司行平

的立 勅使河原三郎有直


四番

射手 小山千法師丸

的立 浅羽小三郎行光


五番

射手 三浦平六義村

的立 横地太郎長重



鶴岡八幡宮例大祭

浜降式(鶴岡八幡宮例大祭)
浜降式
(9月14日・由比ヶ浜)

神幸祭(鶴岡八幡宮例大祭)
神幸祭
(9月15日・若宮大路)

流鏑馬(鶴岡八幡宮例大祭)
流鏑馬
(9月16日・流鏑馬馬場)




西行と出会う

奥州藤原秀衡の死



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント