鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



歴史めぐり源頼朝
〜源義経・衣川館で自刃〜







 1185年(文治元年)11月6日、大物浦から西国に逃れようとして、暴風により難破してした後、行方をくらませていた源義経は、1187年(文治3年)の春頃になって奥州平泉の藤原秀衡を頼ります。

  しかし、その年の10月29日、秀衡が亡くなり、奥州藤原氏の家督は、次男の泰衡へと引き継がれました。

 秀衡は、 「義経を主君として、頼朝の攻撃に供えるように」 と遺言していたといいますが、泰衡は、源頼朝の圧力に屈し、1189年(文治5年)閏4月30日、義経衣川館を攻め、自刃に追い込んでしまいます。


高館義経堂
衣川館(高館義経堂)
源義経と妻子終焉の地。

平泉・金鶏山
金鶏山
 金鶏山の麓には義経の正妻・郷御前と子の五輪塔があります。



 自刃した義経の首は新田高平によって鎌倉まで運ばれ、6月13日、腰越の浜で和田義盛梶原景時が首実検を行っています。

 義経が自刃してから首実検が行われるまでの期間が長すぎますが、鎌倉では鶴岡八幡宮五重塔が建てられ、その落慶供養が6月9日だったことから、頼朝義経の首を鎌倉に入れなかったのだといいます。


腰越海岸(鎌倉市)
腰越海岸
(鎌倉市)

 首実検が行われた浜。
 その後、義経の首は捨てられたといいます。


白旗神社(藤沢市)
白旗神社
(藤沢市)

 捨てられた義経の首は境川を遡上し白旗神社付近に流れ着きます。


義経首洗井戸(藤沢市)
義経首洗井戸
(藤沢市)
 義経の首を洗い清めた井戸と伝えられています。


〜遮那王尊として祀られた義経〜

鞍馬・義経堂
義経堂
(京都・鞍馬寺)

 奥州平泉衣川館で自刃した義経の魂は、幼少期を過ごした鞍馬寺へ戻ったといわれ、遮那王尊として祀られています。


源義経の歴史めぐり(okadoのブログ)




奥州藤原秀衡の死

鶴岡八幡宮の五重塔



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント