鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



歴史めぐり源頼朝
〜鶴岡八幡宮の五重塔〜







1189年(文治5年)に入ると、源頼朝は亡母・由良御前の供養のため、また、鶴岡八幡宮の伽藍を整備するために五重塔を建て始めます。

 3月13日には「塔の九輪」が上げられました。

 五重塔は、5月8日には朱色に塗られ、19日には五重塔の供養の日を6月9日と決定しますが、5月22日、奥州から伝令が到着し、閏4月30日に源義経が自刃したことが伝えられます。


鶴岡八幡宮(鎌倉市)
鶴岡八幡宮
(鎌倉市)


 頼朝は、「穢れが生じた」という理由で、供養の日を遅らせようと考えますが、事は次々と進んでしまいます。

 5月25日、新藤中納言兼光が起草し、堀河大納言忠親が清書した供養の願文が到着。

 6月3日、天台座主全玄の代官中納言法橋観性が供養の導師として到着。

 そして、6月5日、大江公朝が後白河法皇の使者として到着。
 翌日早朝には、後白河法皇から下された品が幕府に届けられます。

 こうした状況ですので、6月7日には、予定どおりに供養の式典を行うことを決めました。

 義経の死から30日が経過しているので、「直接内陣に入らなければ問題ない」ということになったからだといいます。

 ただし、義経の首は鎌倉に入っては困るので、運び入れるのを延期させています。

 こうして、6月9日に五重塔の供養が行われました。

 供養の導師は法橋観性、呪願師は別当円暁(「呪願」(じゅがん)とは、施主の願いを述べること。)。

 頼朝も出席しますが、宮寺に近づくのは遠慮して、馬場に桟敷をつくって供養を見守ったということです。




義経・衣川館で自害

持仏堂の建立



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント