鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



歴史めぐり源頼朝
〜上洛:権大納言・右近衛大将〜







 1189年(文治5年)の奥州征伐によって藤原泰衡を滅ぼした源頼朝は、10年にも及ぶ戦乱の世に終止符をうち、翌1190年(建久元年)、ついに上洛を果たします。

 1180年(治承4年)の富士川の戦いでは、敗走する平家軍を追って上洛をしようとした頼朝ですが、千葉常胤三浦義澄上総広常らの反対で上洛を断念します。

 それから10年の時が経過していました。

 それだけ奥州藤原氏の存在が大きく脅威だったのでしょう。

 1190年(建久元年)10月3日、一千余騎の精兵をひきつれて鎌倉を発った頼朝は、11月7日に入洛します。

 先陣は畠山重忠が務め、三騎ずつ並んだ随兵60組の後に、折烏帽子、紺青の水干袴に白のむかばきをはき、黒毛の名馬にまたがった頼朝が進みます。

 後陣は千葉常胤がつとめ、先陣と同じく40組の騎馬武者が続いていました。

 後白河法皇は、威風堂々とした頼朝の入京の様子を、賀茂の河原で見物したといいます。


源頼朝上洛之図
源頼朝公上洛之図
(箱根神社蔵)


 11月9日、頼朝は六条殿(院御所)に参り、はじめて後白河法皇に謁見します。

 何が話し合われたのかは定かではありませんが、 義経逮捕の理由で保持してきた日本国総追捕使・総地頭の地位が、一般的な治安警察権の行使のために、あらためて頼朝に与えられたことは確かなことのようです(参考:守護・地頭の設置)。

 頼朝が望んでいた征夷大将軍の地位は与えられませんでしたが、権大納言に任じられ、11月20日には常置の武官としては最高の位置にある右近衛大将に任じられました。

 これを受けた頼朝は、12月1日、盛大に拝賀の儀式を行いますが、12月4日には両職を辞し、単なる王朝の侍大将ではなく「武家の棟梁」であることを天下に示しています。

 そして、12月14日には鎌倉へ帰っています。



〜父義朝の墓を参拝〜

 上洛途上の10月25日、頼朝は尾張国須佐ノ浦の御家人・須細治部大夫爲基の案内で父・義朝の墓を参拝。

 野間大坊(大御堂寺)の伽藍を整備しました。

 また、平治の乱の折、義朝を裏切った長田忠致・景致父子を殺害したとも伝えられています。

野間大坊(大御堂寺)
野間大坊
源義朝の墓
源義朝墓

磔の松
長田父子磔の松



〜鞍馬寺の毘沙門天の伝説〜

 上洛で鞍馬寺を訪れた頼朝は、行基作と伝わる毘沙門天像二体のうちの一体を賜り、翌年、その像を安置するため、鎌倉に毘沙門堂を建立。

 それが白山神社の始まりだと伝えられています。

鞍馬寺・本殿金堂
鞍馬寺
(京都市左京区)
白山神社(鎌倉市)
白山神社
(鎌倉市)







〜九条兼実に話したこと〜

 この上洛で頼朝は、九条兼実とも会談をしています。

 その中で次のように述べたといいます。

 「いまの世は法皇が思うがままに天下の政治をとり、天皇とても皇太子と変わりないありさま。

 目下のところはいたしかたないが、さいわいにあなたもお若くてまだ先が長い。

 私にも運があれば、法皇御万歳の後には天下の政を正しくする日がやってくるでしょう」 


1192年(建久3年)、後白河法皇が崩御し、頼朝は念願の征夷大将軍に任じられています。


東福寺
東福寺
(京都)
最勝金剛院(東福寺)
最勝金剛院
(東福寺)

 九条兼実は、藤原忠通の三男。

 東福寺は、兼実の孫・道家が菩提寺として繁栄した法性寺跡地に建立した寺院。

 最勝金剛院は九条家の墓所を管理する東福寺の特別由緒寺院。





〜公文所が政所に〜

 上洛の翌年正月15日、これまでの公文所を政所に改めて吉書始が行われました。

 頼朝は、右近衛大将は辞任しましたが、政所下文には「前右大将」(さきのうだいしょう)という肩書きを利用しています。




奥州藤原氏の滅亡

鶴岡八幡宮焼失(建久二年の鎌倉大火)



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント