鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



歴史めぐり源頼朝
〜鶴岡八幡宮焼失〜
(建久二年の鎌倉大火)







 1191年(建久2年)3月3日、鶴岡八幡宮では法会があり、箱根の稚児10人が舞いました。

 臨時祭では、馬長十騎、流鏑馬十六騎、相撲十六番が奉納され、源頼朝も参詣し、夕方には無事終了しました。

 頼朝御所に戻った後も、供奉した御家人たちは侍所に残っていましたが、その中に広田次郎邦房という御家人がいました。

 邦房は御家人たちの前で「明日、鎌倉に大火災が起こり、若宮(鶴岡八幡宮)も御所もその難を逃れることはできないだろう」と予言します。

 しかし、誰も本気にはしませんでした。

 ところが、翌3月4日は、南風が強く吹き荒れ、午前2時頃、小町大路の辺りで失火がありました。

 強風にあおられた火は、北条義時、大内惟義、比企朝宗、佐々木盛綱、一品房昌寛、仁田忠常、工藤行光、佐貫広綱など御家人10人の屋敷を焼きます。

 さらに、鶴岡八幡宮流鏑馬馬場に建てられたばかりの五重塔に燃え移り、御所、神殿、回廊、経所が悉く灰燼と化してしまいました。

 供僧坊のいくつかも延焼を免れることはできなかったそうです。

 頼朝は、午前4時頃、甘縄の安達邸に避難しています。


鶴岡八幡宮(鎌倉市)
鶴岡八幡宮
(鎌倉市)
石清水八幡宮
石清水八幡宮
(八幡市)


 3月6日、焼失した鶴岡八幡宮を参拝して、頼朝は涙を流したといいますが、8日には再建工事に着手します。

 7月28日には新造の御所も完成し、頼朝は、安達邸から新亭に移っています。

 そして、若宮再建とともに上宮を創建し、11月21日に遷宮が行われました(改めて石清水八幡宮の祭神を勧請しています。)。

 上宮の建設は、火事による被害を防ぐためだったと考えられています。

 毎年12月16日に行われている「御鎮座記念祭」(御神楽)は、遷宮の際に行われた儀式を再現したものです。


御鎮座記念祭(御神楽)
御鎮座記念祭




上洛:権大納言・右近衛大将

征夷大将軍



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント