鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



歴史めぐり源頼朝
〜征夷大将軍〜







 1192年(建久3年)3月、後白河法皇が崩御しました。

 後白河法皇の死は政治に大きな変化をもたらします。

 源頼朝と連携してきた九条兼実が関白となり、兼実の弟慈円は天台座主、娘は後鳥羽天皇の中宮となります。

 そして、7月12日、頼朝は念願の征夷大将軍に任命されます。

 7月20日には朝廷からの伝令が届き、7月26日には勅使が到着して、鶴岡八幡宮で辞令交付が行われました。

 辞令を受け取ったのは、鎌倉幕府の重臣三浦義澄だったといいます。


鶴岡八幡宮(鎌倉市)
鶴岡八幡宮
(鎌倉市)


〜源頼朝と征夷大将軍〜

 「征夷大将軍」というのは、古代律令国家において、「東夷」(あずまえびす)を討伐するために任命された職です。

 天皇の判断を仰ぐ必要がない「軍の最高司令官」としての権限が備わっていたといわれていますので、鎌倉に武家政権を樹立し、全国の武士の総帥となった頼朝にとっては、一番合った職だったのかもしれません。

 奥州藤原氏を滅ぼした後のことですので、「頼朝にとっては意味のない任命だった」 とする説もあるようですが、頼朝の地位を全国に知らしめるには、これ以上にない称号「征夷大将軍」だったものと思われます。



東福寺
東福寺
(京都)
最勝金剛院(東福寺)
最勝金剛院
(東福寺)

 九条兼実は、藤原忠通の三男。

 東福寺は、兼実の孫・道家が菩提寺として繁栄した法性寺跡地に建立した寺院。

 最勝金剛院は九条家の墓所を管理する東福寺の特別由緒寺院。




鶴岡八幡宮焼失(建久二年の鎌倉大火)

政子懐妊・実朝の誕生



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント