鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ

FB



歴史めぐり源頼朝
〜工藤祐経が河津祐泰を殺害〜







 1176年(安元2年)、源頼朝を慰めるための狩猟が奥野の狩場で催されました。

 その狩猟の後、伊東祐親の嫡男河津祐泰が工藤祐経に殺害されるという事件が起きました。

 祐経は、所領を横領した祐親を狙ったそうですが、誤って祐泰を殺害してしまったのだと伝えられています。

 殺された祐泰には十郎と五郎という子がありましたが、2人の母満江御前曽我祐信と再婚すると、祐信のもとで育てられ「曽我」を名乗ります。

 のちの1193年(建久4年)、源頼朝が催した富士裾野の巻狩りの際に、仇討を決行して見事に工藤祐経を討ち取った曽我兄弟がこの2人です。 



〜河津掛〜

 狩猟の余興での相撲対決のことです。

 21連勝中の俣野景久に対するのは力自慢の河津祐泰(伊東祐親の嫡男)。

 祐泰はのちに「河津掛」と呼ばれる技で景久を破ったのだといいます。


河津祐泰の墓
河津祐泰の墓
(伊東市・東林寺)




伊東祐親の娘八重姫との恋

怪僧文覚との出会い



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉のハギ お十夜