鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ

FB



歴史めぐり源頼朝
〜曽我兄弟の仇討ち〜







 1193年(建久4年)、源頼朝が催した富士裾野の巻狩りの際に起きたのが「曽我兄弟の仇討ち」です。

 5月28日夜半、雷雨の中、河津祐泰の子・曽我十郎祐成と五郎時致の兄弟(伊東祐親の孫)が、裾野に建ち並んだ宿舎に忍び込み、工藤祐経を殺害しました。

 不意をつかれた宿舎の者たちは仰天し、駆けつけようにも雷雨のため灯りもままならない有様だったといいます。

 兄の十郎祐成は仁田忠常に討ち取られますが、弟五郎時致は頼朝の宿舎をめがけて突進します。

 頼朝も太刀をとり立ち向かおうとしますが、そばにいた大友能直が留めました。
 その間、小姓の五郎丸が五郎時致を取り押さえています。

 騒ぎが静まった後、和田義盛梶原景時が工藤祐経の死骸を確認しました。

 この騒動で平子野平右馬允有長、愛甲三郎季隆、吉香小次郎、加藤太光員、海野小太郎幸氏、岡部弥三郎、原三郎清益、堀藤太、臼杵八郎など多くの怪我人が出ました。

 そして宇田五郎以下が殺されています。


河津祐泰の墓(伊東市)
河津祐泰の墓
(伊東市・東林寺)

曽我兄弟の父河津祐泰は、1176年(安元2年)10月、工藤祐経に殺されました。


曽我兄弟の像(小田原市)
曽我兄弟像
(小田原市・城前寺)

曽我兄弟は、父祐泰が殺された後、母の再婚相手・曽我祐信のもとで育ちます。


御所五郎丸屋敷跡(鎌倉市)
御所五郎丸屋敷跡
(鎌倉市) 

五郎時致を捕えた五郎丸は、頼朝に仕えていた小姓。



 5月29日、頼朝は、狩野宗茂、新開荒次郎に命じて夜討ちの本意を尋問させます。

 しかし、時致は「祖父の伊東祐親が罰せられてから子孫は落ちぶれてしまい、おそばに近づくことも許されなかったが、最後の所存を申し上げるので、伝言は無用。御所様に直接お話し申し上げるから早くそこを退いていろ!」 と睨みつけて言ったといいます。

 頼朝は思うところがあったらしく、時致の話を直接聞くことにしました。

 「工藤祐経を討ったのは、父が殺された恥を雪ぐ(そそぐ)ためです。兄祐成が九歳、時致が七歳の頃からその事を忘れる事はありませんでした。

 頼朝様の御前に推参いたしましたのは、工藤祐経が可愛がられ、祖父祐親は嫌われておりました。

 その恨みがないわけでもありませんでしたので、お会いし、その事を申し上げて自害するつもりでした」

 これを聞いていた者は皆感動したといいます。

 そして、仁田忠常が兄祐成の首を見せると 「兄に間違いありません」 と答えたといいます。

 頼朝は時致の命を助けようと考えますが、工藤祐経の遺児犬房丸が泣いて訴えたので、時致を引き渡し梟首させています。 


工藤祐経の墓
工藤祐経の墓
曽我兄弟の墓
曽我兄弟の墓


頼朝の富士巻狩りと曽我兄弟の仇討ち







伊東祐親像
伊東祐親像
(伊東市)

 1176年(安元2年)10月、頼朝を慰めるための「狩猟」が催され、曽我兄弟の父河津祐泰は、その帰路、工藤祐経によって殺害されています。

 理由は、曽我兄弟の祖父伊東祐親が工藤祐経の所領を横領したためで、祐経は、その恨みから狩に出た祐親を狙いますが、子河津祐泰を殺してしまったのだと伝えられています。



曽我祐信の墓(小田原市)
曽我祐信の墓

 曽我祐信は曽我兄弟の養父。
 
 頼朝は、6月7日、鎌倉へ帰りますが、祐信の供を免除し、さらに、曽我庄の年貢も免除しました。

 そして、曽我兄弟の菩提を弔うように言ったといいます。



満江御前の墓
満江御前の墓

 満江御前は曽我兄弟の母。河津祐泰が殺された後、兄弟を連れて曽我祐信と再婚しました。

 兄弟が母に書いた手紙には、子供の頃から父の仇討ちを果たそうと欲していたことが書かれていました。

 頼朝は、涙を拭いながらこれを読み、永く文庫に納めて置くように命じています。



曽我兄弟と虎の墓(箱根町)
曽我兄弟と虎の墓
(箱根町)

 虎は祐成の愛人で大磯の遊女。
 仇討ち事件では、虎も呼び出されて尋問されています。

 虎は祐成の三七日の忌日に箱根権現の別当行実坊で法事を行った後、出家して信濃の善光寺へ向かったといいます。






富士裾野の巻狩り

源範頼の謀叛



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉のハギ お十夜