鎌倉手帳(寺社散策)

歴史めぐり源頼朝
〜頼朝暗殺を企てた平景清の伝説〜







 平景清は平家の家人で、源頼朝の暗殺を企てた武将として知られています。

 平姓で呼ばれていますが、藤原秀郷の子孫。

 1195年(建久6年)、頼朝は東大寺大仏殿の落慶供養に参列するため上洛しました。

 景清は、そのときに頼朝の暗殺を企てたのだといいます。 


東大寺の転害門
転害門
(奈良:東大寺)

 東大寺転害門は、平重衡の南都焼討の兵火を免れた貴重な建物。

 景清はこの門に隠れて頼朝の命を狙ったのだと伝えられています。

 そのため「景清門」とも呼ばれるそうです。


景清爪形観音
景清爪形観音
(京都:清水寺随求堂前)

 清水寺随求堂前に置かれた石灯籠には、頼朝を暗殺しようとして捕らえられた景清が、牢の中で自らの爪で彫ったという千手観音が祀られているそうです。


石清水八幡宮景清塚
景清塚
(京都:石清水八幡宮)

 景清は、石清水八幡宮を参詣した頼朝を狙ったのだとも伝えられています。

 石清水八幡宮の表参道と石清水社の分岐点に景清塚があります。


六波羅蜜寺:阿古屋塚
阿古屋塚
(京都:六波羅蜜寺)

 阿古屋は景清の思い人。

 阿古屋を捕らえた畠山重忠は、詮議のために琴・三味線・胡弓を弾かせました(阿古屋の琴責め)。

 しかし、その音色に一点の乱れもなかったことから、「阿古屋は景清の所在を知らない」として釈放したのだとか・・・。

  六波羅蜜寺清盛塚の横には阿古屋の菩提を弔うための石塔(阿古屋塚)が建てられています。



景清窟
景清窟の跡
(鎌倉:仮粧坂)

 鎌倉の仮粧坂にある牢跡は、頼朝を暗殺しようとして捕らえられた景清が閉じこめられた所と伝えられています。








上洛・東大寺大仏殿落慶供養



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸秀仁


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鎌倉夏まつり
鎌倉の海水浴場 夏:江の島