鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



歴史めぐり源頼朝
〜上洛・東大寺大仏殿落慶供養〜







 1180年(治承4年)12月28日、平重衡の南都焼討によって灰塵と帰した東大寺でしたが、その翌年には大勧進職に俊乗坊重源が任命され、復興事業が開始されます。

 1185年(文治元年)8月28日、大仏(銅造盧舎那仏坐像)の開眼供養が行われています。
 大仏鋳造にあたったのは宋人の陳和卿でした。

 大仏鋳造に当たって源頼朝は、1184年(元暦元年)に鍍金(ときん:メッキ)料として千両の金を寄進し、翌年には、米一万石、砂金一千両、上絹一千疋を寄進しています。


東大寺の大仏(奈良市)
東大寺の大仏
(奈良市)

東大寺(奈良市)
東大寺大仏殿
(奈良市)


 1186年(文治2年)、重源は、大仏殿造営のため周防国を東大寺造営料国として授けられますが、当時の周防国(現山口県)は、源平合戦の影響で疲弊し、労働力も不足していました。

 頼朝は、材木を切り出す人夫のことや造営料米のことなどについて、地頭に命令書を出すなどして、重源にできる限りの援助を行っています。

 頼朝にとって、平氏が焼失させた東大寺の再建は、人心の掌握や鎌倉権勢を世に示すためにも重要なことでした。

 こうして、大仏の開眼供養から10年が経過した1195年(建久6年)に大仏殿は完成し、数万の軍を従えて上洛した頼朝は、3月12日に行われた落慶供養に参列しています。


南都焼討と東大寺の再興〜重源と源頼朝〜







〜陳和卿の伝説〜

 大仏殿の落慶供養に参列した頼朝は、大仏を鋳造した陳和卿に会うことを望みますが、和卿は、「平氏や弟の義経など多くの人々を殺した罪深い者であるので会いたくない」 と断ったそうです。

 今や天下を治める頼朝に対してへの暴言でした。

 頼朝は怒ることなく反対に褒美を与えますが、和卿はその褒美もほとんど突き返し、兜と鞍だけをもらいます。

 そして、「兜は鋳直して釘に使ってください。鞍は何かの役に立つでしょう」 といって東大寺に納めてしまったといいます。



〜東大寺参詣後の善光寺参詣〜

 東大寺大仏殿落慶供養に参列するため上洛した頼朝は、この間、石清水八幡宮四天王寺など参詣し、6月25日に京を発ちます。

 途中で熱田神宮などに立ち寄りながら、7月8日に鎌倉に帰りますが、8月2日には、信濃国の善光寺参詣を計画しています。


石清水八幡宮
石清水八幡宮
(八幡市)
四天王寺
四天王寺
(大阪市)

住吉大社
住吉大社
(大阪市)
熱田神宮
熱田神宮
(名古屋市)





誉田八幡宮
誉田八幡宮
(羽曳野市)

 誉田八幡宮の塵地螺鈿金銅装神輿(国宝)は、1196年(建久7年)に頼朝が寄進したものと伝えられています。



〜平景清の伝説〜

 平景清は平家の家人。

 東大寺大仏殿落慶供養に参列した頼朝を暗殺しようとして捕らえられ、鎌倉の仮粧坂土牢に幽閉されたのだと伝えられています。

頼朝暗殺を企てた平景清の伝説




大姫の病気治癒祈願・日向薬師

信濃善光寺の参詣



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント