相続手続と遺言

行政書士岡戸事務所

カスタム検索







相続とは・・・

人が亡くなったときにその遺産を引き継ぐことです。遺産を引き継ぐ人を「相続人」と呼びます。


生前に相続するということは
ありえません。


 たとえば、配偶者や子は「推定相続人」と呼ばれますが、人が亡くなった場合に「相続人になると推定される」だけですので、「相続の権利がある」ということとは別の話です。

 親の成年後見人等になった方からの問い合わせの中には、すでに「相続人である」かのようなご質問もお受けしますが、親が亡くなるまで相続人ではありません。

 したがって、親の財産管理をしているからといって、「自分のもの」という勘違いを起こさないよう気を付けてください。

 民法では、「相続人」とその相続分」(法定相続分)を定めています。



相続相続人とは・・・

相続相続分とは・・・

相続代襲相続とは・・・

相続相続欠格者

相続相続人の廃除

相続相続財産
(相続の対象となる財産)

相続特別受益
(特別の利益を受けていた場合)

相続寄与分
(被相続人に寄与していた場合)

相続相続の承認・放棄
(単純承認・限定承認・放棄)






 「相続人」以外の者に財産を遺してあげたい場合。
 「法定相続分」とは異なる「相続分の指定」をする場合。



遺   言



 「法定相続分」とは異なった分割をしたい場合。



遺産分割
(遺産分割協議)



 遺言や生前贈与によって遺留分が侵害された場合。



遺留分減殺請求



 預貯金の遺産分割



〜遺言作成と一緒にお考えください。〜

任意後見契約

尊厳死の宣言





〜ご依頼ご相談〜

行政書士岡戸事務所
神奈川県藤沢市善行1−26−6
松本ビル305
0466−84−1053 株式会社設立


カスタム検索