TOPに戻る

       


3シーズン連続コロナ禍の中で開催となった2022年
チャナティップは破格5億近い移籍金提示のフロンターレへ移籍
代わりに名古屋から左脚の魔術師
シャビエル
数々のタイトルと個人記録を持つ
興梠慎三
ようやく里帰りを果たした
西大伍らが加入し戦力は むしろ増強
過去にない積雪量の中で調整の遅れは否めないが
ミシャ体制総決算となりそうな今シーズンは
悲願のタイトル奪取とACL出場を狙う

 

2/26(土) 第2節  北海道コンサドーレ札幌 1−1 サンフレッチェ広島

現地観戦通算成績 ⇒ 370戦 155勝 131敗 84分
札幌ドーム 〔カテゴリー5南側(アウェー側上段)〕

11分:興梠 慎三
54分:森島 司

夜勤明けの後、カラオケ店で3時間過ごしてから札幌駅方面へ。
すあげ4でスープカレーをと考えていたが、歩きながらテレビで紹介していた店を思い出し
地下鉄南北線で北34条へ行き徒歩で南下し 「凪」
(なぎ) でスープカレーの昼食。
北24条まで歩いて福住へ。ドームの座席に着いたのがキックオフ45分前。
序盤は広島の前線プレスが効いてコンサドーレは少し攻め込まれた。
その後はいつものビルドアップから正確なロングフィードを織り交ぜ優勢に。
11分に興梠が先制ゴールを流し込み俄然優位な展開かと思いきや
長続きはせず次第に球際の弱さを突かれ攻め込まれるシーンが目立ち始める。
そして54分に追いつかれると、勝ち越し点を奪われてしまいそうな雰囲気。
特に70分に好調の2人 (ルーカス、興梠) を下げてしまい
更に77分には福森と小柏も下げ、コンサドーレは得点する見込みがなくなった。
こうなると残り時間を何とか凌ぎ切って勝ち点1だけでも奪いたい。
結局最後まで失点は許さず1−1のまま試合終了。
これでJ1第1節、ルヴァンカップ第1節に続き3試合連続の引き分け。
速攻でドームを出て地下鉄の東豊線・東西線とJRを乗り継ぎ19時過ぎ帰宅。

 

2000〜2001年は選手としてコンサドーレを牽引。
2013年からは社長としてコンサドーレに復帰し天才的な手腕を発揮して
最終的にコンサドーレをJ1に定着させた
野々村芳和 氏(ノノさん)が
3月15日の理事会決議で
第6代Jリーグチェアマンに就任。
ノノさんの後任にはGMの三上大勝氏が就いたが
敢えて社長・CEOではなく代表取締役GMという肩書に。

 

4/2(土) 第6節  北海道コンサドーレ札幌 1−1 浦和レッズ

現地観戦通算成績 ⇒ 371戦 155勝 131敗 85分
札幌ドーム 〔カテゴリー3(中央上段)⇒ 後半(ホーム側上段)〕

30分: ダヴィド・モーベルグ(PK)
72分:金子 拓郎

夜勤のアルバイトを3月末で辞め
前日から元々39年間勤務していた業界での再雇用がスタート。
今後は土日祝+火曜が休みの週4日勤務に。
殆どの人は金曜を休みにして毎週3連休を取っている。当初は私もそうしようと思っていたが
昨日の出勤時に歩きながら急に閃いて火曜を休みにした。
普通は日曜の夕方から憂鬱になるが、火曜を休みに設定することにより
月曜だけ出勤すれば翌日が休みで
火曜の夕方になっても水木金と3日勤務すれば土日なので気持ちが楽かもと考えた。
本日はキックオフが19時と遅いため、家を出たのは14:20。
バスセンター前駅から歩き、オーロラタウン、ポールタウンを通って先日までのバイト先へ。
1階の大型ビジョンで中山のメインレースを見たあとエスカレーターで5階へ。
途中途中親しいバイト仲間と会話しながら歩き、4階で大阪杯の前売りを購入。
下りでも何人かと会話したりで約1時間滞在。
北上して、すあげ4で生ラム炭焼きカレーを食べ、LOFTで卓上カレンダーを購入し
あとは東豊線で札幌ドームへ向かった。
通路側の席を取ったつもりが実際は中央付近の最悪な位置。
窮屈だったが試合開始後に左隣りの夫婦が1席分間隔を空けてくれたのでかなり楽になった。
前半残り5分で席を離れ、通路で観戦してからトイレへ。
後半はホーム側に席がポッカリ空いている場所をチェックしていたので、そこで観戦した。
後半に金子の同点ゴールが生まれ
遂にJ1リーグ開幕5連続ドロー(J1新記録)から ようやく脱する事ができ
更に長いこと足止めを食らっていたJ1通算100勝達成か!と思ったら
その5分後に荒野が1発退場となり10人に・・・。
こうなると、もう6連続ドローでいいから とにかく負けるのだけは絶対に避けてほしいと
願いながら手に汗を握って観ていた。
後半アディショナルタイム7分の表示が出たものの
ミシャ監督がエキサイトしたりで更に時間を要し
実質12分の追加時間を経て1−1の引き分けで終了。
終了後は足早に福住駅へ。大通と新札幌で乗り換えて22:30に無事帰宅。

 

 

4/15(土) 第9節  北海道コンサドーレ札幌 0−0 

現地観戦通算成績 ⇒ 372戦 155勝 131敗 86分
札幌ドーム 〔カテゴリー5南側(中央上段)〕

13時キックオフという事で9:20発のJRに乗車しようと駅へ行くと
隣りの駅で人身事故があり 上り列車はストップ。
しかし札幌方面は運行が再開され、ちょうど 8:53発が30分遅れの9:23に入線し
結果的には予定通りの行動がとれた。
新札幌から地下鉄東西線で大通へ。わしたショップでゆっくりしたあと北上。
当初はESTA10Fの 「らっきょ」 で昼食の予定だったが
赤レンガテラス3Fに 「タイガーカレー」 が出店しているのを思い出し
開店まで少し時間があったので紀伊國屋のステーショナリー売り場を見てから
地上を歩いて赤レンガテラスへ。快晴で気持ちが良かった。
エレベーターで3Fに上がり扉が開いたら丁度タイガーカレーの前だった。
本来1,380円の道産牛ぷりぷりもつカレー+本来450円のラッシー(濃厚ブルーベリー)が
記念セール中ということで1,100円だった。
食後は東豊線で福住へ向かい札幌ドームへ。
今回は自由席扱いとなったカテゴリー5(ゴール裏)のチケットを購入していた。
アウェイ側は空席が非常に多く、ゴールマウス真裏の最上段でゆっくり観戦できた。
周辺は人もいなく密ではない空間で堪能した。
5位のFC東京を相手に12位のコンサドーレが挑み、見応えある内容でのドロー。
これで今シーズンは1勝7分け1敗となった。
試合終了後は客席でブログ投稿を済ませてからドームを後に。
往路と同じルートで17時前に帰宅したが
仕事着のYシャツなどを購入したいので、家には入らず車でイオン平岡店へ。
買い物を済ませ20時少し前に帰宅。
 

 

 

4/29(金) 第10節  北海道コンサドーレ札幌 1−0 湘南ベルマーレ

現地観戦通算成績 ⇒ 373戦 156勝 131敗 86分
札幌ドーム 〔カテゴリー5南側(中央上段)〕

52分:菅 大輝

前回の現地観戦に続き、今日も13:05という早い時間帯のゲーム。
9:20発のJRで今回は札幌駅で下車。細字(0.38)の3色ボールペンを探すため
紀伊國屋とLOFTを巡る予定だったが、紀伊国屋であっさり発見し購入。
その後はESTAを散策し、10:45に地下鉄東豊線で福住へ向かった。
札幌ドーム到着後は予定通り必勝弁当を食べた。
試合は、コンサドーレのGKやDFがボールを保持すると果敢に奪いに来る湘南に手こずる展開。
前半途中からようやくペースを掴んだ。
そして後半7分、福森のCKを相手がクリアし、そのこぼれ球を菅が得意のキャノン砲を炸裂。
見事な先制ゴールとなった。終盤は防戦に回る時間が長かったが何とか逃げ切った。
ヒーローインタビューでは菅の受け答えで場内が爆笑の連続。
帰りは寄り道せず往路の逆ルートで16:30少し前に帰宅。

 

 

5/7(土) 第12節  北海道コンサドーレ札幌 1−0 京都サンガF.C.

現地観戦通算成績 ⇒ 374戦 157勝 131敗 86分
札幌ドーム 〔カテゴリー1アッパー(アウェイ側)〕

52分:高嶺 朋樹

11:54発のJRで札幌駅へ。今回は16時のキックオフなので札幌駅界隈でゆっくりする。
ヨドバシカメラ ⇒ ステラプレイス ⇒ LOFT ⇒ ビッグカメラを巡り、14:20頃の地下鉄で福住へ移動。
持株会から届いた無料シリアルコードで選択できる最も高額のカテゴリー1アッパーで観戦。
家を出発する前に周囲の席をチェックしたら、ほぼ空席だったので安心していたが
なんと1列前に少し座高の高い人が座ったので、通路側から中央側へ移動。
試合は、前回観戦と同じ52分に、今度は高嶺朋樹が強烈なヘッドを決め先制。
しかしそこから京都の逆襲に遭い、守り一辺倒の展開に。
コンサドーレはボールを持った時に攻め急ぎとなり、直ぐに取り返されピンチを招いている。
残り5分に西大伍が投入され、少し落ち着いた感じ。さすがである。
結局そのまま1−0で逃げ切ったが、コンサ史上初の5試合連続無失点を記録。
高嶺は71分に負傷退場の形となり心配したが
ヒーローインタビューでは大事を取って下がっただけ。次の試合は大丈夫と心強いコメント。
試合前選手紹介で元コンサの白井康介、宮吉拓実に大きな拍手が沸き起こった。
試合終了後には京都の選手達が並んでコンサのゴール裏に挨拶。素晴らしい光景だった。
また、ミシャ監督のJ1通算500試合イベント終了を待って2人がコンササポの近くまで行き挨拶。
暖かい拍手を受け、白井は涙ぐんでいたそうだ。
帰りは大同生命ビルmiredoの 『すあげ4』 で夕食後に帰宅。

 

 

6/4(土) ルヴァンカップPO第1戦  北海道コンサドーレ札幌 0−3 サンフレッチェ広島

現地観戦通算成績 ⇒ 375戦 157勝 132敗 86分
札幌ドーム 〔カテゴリー1アッパー(アウェイ側)〕

24分:東 俊希
65分:ジュニオール・サントス
87分:ジュニオール・サントス

9:57発のJRで札幌駅へ。今回は14時キックオフ。
この開催はチケットが半額程度で購入できるということで、普段は3,900円の席が2,000円で買えた。
4,700円のカテゴリー1も2,000円だが、良い席が既に埋まっていたのでアッパー席に妥協。
30分ほど札幌駅界隈を散歩し、11:00に侍. Apia店でスープカレーを食べた。
その後も1時間近くステラプレイスや大丸百貨店を散歩し、12:30頃の地下鉄で福住へ向かった。
このプレーオフ (PO) を勝ち上がらないとベスト8へは進めない重要な試合だったが
コンサドーレは負傷者続出により苦しい台所事情が続いていて
GK菅野までもが出場が出来ずにいる。代役の大谷もJ1リーグの磐田戦終盤に肩を故障し
そこから身長2mの中野小次郎がフル出場中だが、J1リーグ戦では6失点、4失点と苦しんでおり
そして今日もアウェイゴールを3本も決められての3失点。
これにより11日の第2戦 (アウェイ) は3点差以上をつけて勝つしかない状況。
しかし台所事情び苦しさが響いており、おそらく勝つのは難しいだろう。
ネット上では中野小次郎が随分叩かれているようだ。
終了間際の3失点目で、帰りの混雑を避ける目的もあって席を立ち、地下鉄は余裕で座ることが出来た。
そもそも観客数も5,000人台だったので、いつもほどの混雑にはならなかったはず。
帰りは寄り道せず、札幌駅からJRに乗り換え、5:20頃自宅に到着。

 

 

8/14(土) 第25節  北海道コンサドーレ札幌 0−2 ヴィッセル神戸

現地観戦通算成績 ⇒ 376戦 157勝 133敗 86分
札幌ドーム 〔カテゴリー5(ホーム側)〕

28分:汰木 康也
45+4分:汰木 康也

2ヶ月ぶりの現地観戦。9:57発のJRで札幌駅へ。キックオフは14時。
コールセンター時代に週1〜2で通った 『やよい軒』 でランチのあと
東急百貨店8Fの東急ハンズをぶらついてから東豊線で福住へ向かった。
今回は珍しくキックオフの1時間半も前にドーム着。
計画通り 『銀だこ』 のタコ焼きを食べようとしたが長蛇の列。それでも並んで購入した。
40分くらいは並んでいたと思う。
試合の方は、前節アウェイ湘南戦で5−1の圧勝劇を見せたコンサドーレが
容易にビルドアップをさせない神戸の巧い守に遭い、らしさを全く出せない展開に終始。
最下位チーム相手に勝利を逃してしまった。
確かにシュート数やボールキープ率は上回ったが、内容的には完敗だった。
そしてスパチョークの投入が遅かったり、ベンチの采配も疑問。
見込みが無いと判断し、80分過ぎにドームを出たが、同じ考えの人は多かったようだ。
寄り道せず、東豊線とJRで真っ直ぐ帰った。
今シーズンの現地観戦は多分11月5日の最終戦のみになりそう。