施設案内


待合室  受付                                   薬局


落ち着いた雰囲気の待合室です。
大型犬でもゆったりとお待ちいただけるように広いスペースと
なっております。
 
コーヒーのセルフサービスもありますので、待ち時間にどうぞ。




薬局:薬の調剤を行います。







診察室



第1診察室(左の写真)
i院長の診察は基本的にこちらで行います。
診察内容や治療方針を写真や絵、模型などを使って分かりやすく説明します。


第2診察室
副院長の井出先生は基本的にこちらで診察を行います。



検査室



血液検査(血球検査、生化学検査)、尿検査、便検査、顕微鏡検査などの一般的な検査はこちらで行います。
院内では行えない特殊検査は検査センターに依頼します。

 血球検査:貧血の具合(赤血球)、白血球、血小板を検査します。
 血液生化学検査:肝臓、腎臓、すい臓など、各臓器の機能を検査します。
 

超音波画像診断装置:外部から体の中を観察できる装置です。患部が鮮明に写り、小さな病変も見逃しません。
たとえば心臓の弁膜の動き、肝臓の病変状態など、内臓の状態が把握できます。また健康診断や妊娠診断などにも使用します。

 



処置室


爪切り、耳そうじ、怪我の治療、採血、点滴処置など、一般的な処置を行います。
入院治療もこちらで行うことが多いです。
処置室から入院室の様子が常にチェックできるように配慮しています。
処置室の一画にリハビリスペースがあります。
超音波スケーラー(歯石除去):超音波スケーラーによる歯石除去や歯の研磨器具で歯周病の治療や予防を行っています。



手術室



手術室に入るときは、滅菌水で手を洗い、手術衣、マスク、帽子、手術用手袋を着用し、滅菌のスリッパに履き替えます。そうすることで、完全な滅菌状態を保てます。









吸入麻酔器:安全性の高い吸入麻酔器を使用しています。

生体情報モニター:心電図、血圧、体温、酸素飽和度など、最新の生体情報モニターを備えてより安全な麻酔管理を行っています。


電気メス:手術時の出血量を最小限に抑えるため、高性能電気メスを使用しています。



レントゲン室



小動物から大型犬まで撮影可能なデジタルX線装置を導入しています。
胸部や腹部の内臓を映し出すことで、外からはわかりにくい病気を調べます。
また、骨や関節、椎間板の診断も行います。
デジタルX線装置のため、撮影終了までの時間が短く、飼い主様の待ち時間も短縮されました。



入院室



入院室は冷暖房完備です。常に清潔を保つように心がけています。
急な変化にもすぐに対応できるように、救急ボックスも常備しています。



ICU〈集中治療室)



ここでは、重症の動物が入院します。
また、感染症で隔離が必要な場合は、こちらの隔離室で管理しています。



トリミングルーム




穏やかな雰囲気のトリミングルームです。
泥パックやアロママッサージ、温泉浴なども行っています。



ペットホテル




冷暖房完備のお部屋は常に清潔を保ち、快適な環境でリラックスできるよう配慮しています。



リラクゼーションルーム




マッサージやアロマテラピーなどを行います。
リラクゼーション効果のあるBGMを流し、少し照明を落として、落ち着ける雰囲気になっています。



                                                       ページの先頭へ