横浜環状道路(圏央道)対策連絡協議会 本文へジャンプ

お知らせ (2022/05/23 更新)

日本脳炎ワクチン、5/23日朝 15人分。
   電話確認下さい。



風疹ワクチン公費負担(令和4年度も継続) 
              →予防接種のページ参照
    対象者 19歳以上の横浜市民で
          @妊娠を希望している女性、同居親族
          A妊娠を希望している女性のパートナー
          B妊婦のパートナー
    自己負担  3,300円  MR(麻疹・風疹)ワクチン使用
             希望者の風疹抗体検査は無料です。

                    希望者は直接おいでください。

大人男性用風疹・麻疹ワクチン無料接種
    対象:1962(昭和37)年4月2日から
         1979(昭和54)年4月1日生まれの男性

    費用:血液抗体検査後、低値の場合にワクチン接種
        検査、接種料ともに無料
    時期:令和7年3月31日まで

大人用肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)
 令和4年度の予定
  1.対象者過去に自費(任意接種)を含め、一度も23 価
     肺炎球菌ワクチンを受けたことのない方
   @ 令和4 年度に65・70・75・80・85・90・95・100 歳・
     101 歳以上
   A 接種日時点で心臓、じん臓、呼吸器の機能、ヒト免疫
     不全ウイルスによる免疫機能の障害に1級相当の
     障害のある60〜65 歳未満の方
  2.自己負担 3,000 円
  (市民税非課税世帯・生活保護受給者等は自己負担免除)
  3.実施期間

     →期間延長されています。2年度対象者は
       役所で認証を受けてください。

日脳措置

  令和4年度の措置です。


その他

急性上気道炎と抗生剤
   急性上気道炎、いわゆる風邪症候群に対する抗生物質
   の使い方に関して、添付ファイルの勧告が出されて
   いますので参照ください。
   如何に不要な抗生物質の処方がなされているかの、
   証左です。平成30年2月、厚労省もやっと重い腰を上げ、
   抗生剤不使用キャンペーンを始めています。


院内処方について

    @診療後に薬局に行くのが不便、時間がかかる
   A同じ薬、治療なのに薬局に行くと値段が高い
           等のご意見を多数頂いています。


    当院では使用頻度の高い高血圧、高脂血症、胃腸、風邪、
   等は院内処方をしております。
   お薬手帳用シールは発行しませんが、処方内容は領収書
   に記載してあります。
   シールの必要な方には院外処方箋を発行しますので
   申し出てください。薬の種類が多く全ての薬を揃えるのは
   不可能です。
     院内処方薬は使用頻度の高い薬に限らせて頂きます。