看護連盟の母体である社団法人日本看護協会は「質の高い看護の提供」を目的に、会員の教育や福利厚生等の支援活動を通じて、日本の看護水準の向上を図るため、昭和21年(1946年)に設立されました。しかし、看護職が抱えるさまざまな問題の中には、政治的手段によってしか解決できない問題があります。そのため看護協会は昭和34年10月に政治団体である日本看護連盟を設立しました。
茨城県においては、日本看護連盟結成から1年後、昭和35年12月に県支部が結成され、事務所を茨城県助看保会館に置くことになりました。
初代支部長には日赤支部婦長の長島はな姉が選任されました。
昭和42年10月3日に茨城県看護連盟規約が作成されました。
昭和57年に自民党看護連盟職域支部協議会が結成され、茨城県では全国に先駆け職域支部が結成されました。
平成11年度通常総会において、会費1,000円が2,000円に承認されました。
平成12年度には書記長が幹事長と改称されました。
平成16年の三位一体改革によって、看護職確保対策予算が減額されるとのことで、茨城県出身の自民党の国会議員に看護協会役員と陳情をしました。
平成17年日本看護連盟通常総会において、リフォーム連盟が承認され、それによって名称変更、活動組織の変更、規約の改正が行われ、茨城県支部長から茨城県会長に改称となり、初代会長には宮嶋ふじえ姉が選任されました。また、支部が設置されることとなり、当時は10支部が結成され、現在では18支部が地区で活動をしています。
労働条件の改善
給与・諸手当(特に夜勤)の改善
看護職員の増員
看護職員宿舎の改善・整備
労働基準法の特例廃止
診療報酬改定 入院基本料7対1新設。
●●
介護報酬改定、療養所介護の評価新設

給与表医療職(三)表の改定
夜勤看護職員の車送りの予算化
病院内保育所設置
日赤看従軍護師慰労金
看護教育の充実
看護学校の増設、大学、大学院、短大、研修センター設置など
学校教育法改正 看護専修学校卒業者に大学編入への道開かれる
法律の制定・改正
育児休業法
男性保健士の誕生
専修学校卒業生の大学編入
性同一性障害特例法成立

看護師等人材確保法の制定
高齢社会対策基本法
DV防止法成立
看護職の名称「師」で統一
「看護の日」制定
健康づくり、老人保健対策、母子保健の充実、保健師助産師増員など
中央社会保険医療協議会に看護職委員の登用


茨城県看護連盟 〒310-0034 茨城県水戸市緑町3-5-35 TEL:029-225-3992 FAX:029-232-8648
Copyright(c) Ibaraki Nursing Federation. All Rights Reserved.