石川屋薬局

 

取り扱い品目

 

薬草あれこれ

・その1
・その2
・その3

 

周辺地図

 

お問合わせ

 

気まぐれ日記

 

TOP

べにばな

・ベニバナ(紅花)
[キク科カルタムス属]

染料植物として有名。ベニバナの乾燥したものを生薬で紅花(こうか)と言う。
月経不順、冷え性、産前産後などの婦人病から動脈硬化、打撲傷なども効き目があるとされる。

ぼたん
・ボタン
[ボタン科ボタン属]

生薬として用いるのは「根」の部分で、腰痛、関節炎、頭痛、解熱、止血、下痢、婦人病などの症状に漢方処方される。
ききょう
・キキョウ(桔梗根)
[キキヨウ科キキョウ属]

根の外皮をむき、細かく刻み日に当て乾燥させたものを、生薬の「桔梗根」と言う。
鎮咳去痰に効果があり、気管支炎、扁桃腺炎、化膿性疾患にも用いる。
くちなし
・クチナシ(山梔子)
[アカネ科クチナシ属]

完熟した果実を風通しの良い所で陰干しする。消炎、利胆、止血薬として黄疸、肝炎、血便、血尿、不安、不眠、吐血などに用いられる。
またたび
・マタタビ(木天寥)
[マタタビ科マタタビ属]

木天寥(もくてんりょう)は体を温め、血行促進、利尿などに良い。冷え性、神経痛、リューマチ、腰痛などに効果がある。
なつめ
・ナツメ(大棗)
[クロウメモドキ科ナツメ属]

生薬では、熟した果実を日干し乾燥した物を蒸し、再び乾燥したものを大棗(たいそう)と言う。他の生薬と配合し処方されることが多い。緩和、利尿、強壮、鎮痙、鎮静などに応用される。