世直し!府直し!中京要求・交流集会開かれる
 告示まで3ケ月に迫った京都府知事選挙(3月20日告示、4月6日投票)で「なにより府民生活!ひと・いのち輝く京都府へ!」と中京要求・交流集会が19日夜、アスニー京都で会場いっぱいの参加者を集めて開かれました。
 立候補を表明している尾崎望さんは表明から40日その間、京都府内を回って一握りの大企業のための政治が進められるなか、府民生活がますます厳しさを増してきていることを実感した。皆さんと一緒に府民ひとりひとりが大切にされる政治を目指して頑張っていきましょうと訴えました。
尾崎望さんと気ままにトークでは、5人から発言
  • 業者からは、いまでも大変なのに消費税がこれ以上、上がるとますます大変になる。
  • 生健会からは、今年8月から生活保護費が切り下げられ、これからも切り下げが計画されていて大変だ。
  • 教組からは、来年4月から高校入試制度が単独選抜制度に大きく変わる。教師の時間外勤務が異常な状態で改善が必要。
  • 看護師からは、今、医療・介護・福祉が危機的状況にある。医療の展望を!
  • 大企業の労働者からは、職場内に派遣社員が増えてきた。派遣労働者は、賃金が低く残業なしではとても生活できない。
つづいてのリレートークでは、4人が発言
  • 民主商工会の代表は、40数年間商売をしているが、今が最悪の状態だ。商店街が大変。消費税増税には絶対反対。
  • パパ・ママの代表・尾崎さんと同じ職場で働く職員から、それぞれ小児科医としての尾崎さんの素晴らしい人柄が紹介されました。
  • 京建労の代表は、反対運動に参加して、Xバンドレーザーの危険性について発言して尾崎知事実現で中止させようと訴えました。
  • 最後に北山事務局長から、
    全戸配布ビラを早期に配布しよう。
    ポスターを貼りつくそう。ハンドマイク・宣伝カーでの宣伝を進めましょう
    全学区・団体で「府政黒書」を学習しタウンミーティングを開こう。
    連絡会の結成を急ごう。
    「民主府政の会」の集会・つどい・宣伝に積極的に参加しましょう。
     との行動提起がされました。
世直し!府直し!サイトはこちら