何より府民生活 ひと・いのち輝く京都
府政転換 世直し府民大集会
 京都府知事選挙(3月20日告示、4月6日投票)まで、1ケ月を切った21日夜、尾崎望(小児科医・京都民医連会長)知事実現を目指す「世直し府民大集会」が府立体育館で開かれ8500人が参加しました。主催は「府民転換世直し京都府民ネットワーク」。
 柴田京子「環境まちづくりネットワーク共同世話人・山とみ女将」が開会あいさつ。
 大きな声援のなか登壇した尾崎望知事候補は、小児科医として子どもたちの貧困をなくすのが私の原点だと表明。
 5つの挑戦として(1)全国で最悪の京都の経済を立て直し、府民生活を守る、(2)京都から子どもの貧困をなくす、(3)安心の福祉・医療を取り戻す、(4)直ちに原発「ゼロ」を政府に迫る、(5)府民こそ主人公の府政を取り戻すを説明。「憲法を暮らしの中に生かそう」の垂れ幕を府庁に掲げることが私の最初の仕事です。誰もが安心して暮らせる街づくりを目指し、皆さんと一緒に力を合わせ新しい京都をつくりましょうと訴えました。
 「みんなの要求~尾崎さんで実現」では、労働者・業者・婦人などの分野代表から要求アピール。
 応援演説で弁護士、患者家族の代表に続いて、小池晃日本共産党副委員長・参議院議員は「山田府政3期12年で何か良いことあったでしょうか」と問いかけ京都の街を壊し、暮らしを壊す冷たい歪んだ政治だった。官僚出身の知事は、府民の方には目もくれずに、自分の古巣の東京・霞が関の方ばっかり見ている、何でも国の言いなりではありませんか。消費税増税には敬意を表すると言い、全国の公立病院の統廃合のキッカケとなる洛東病院廃止でも、住民税の取立て機構の設立でも国のお先棒を担いでばっかりだった。そんな知事にはさっさとお引き取り願いましょう。今度の選挙は、山田府政を阻止し、いのち輝く府政に転換を果たすと同時に安倍政権の暴走を許さない選挙にしましょうと訴え、京都中の良識を結集し党派を超え力を合わせて頑張りましょうと呼びかけました。
 狂言師の茂山あきらさんが謡を披露。
 「世直し府民ネット」代表で京都保険医協会前理事長の関浩さんがあいさつしました。
 最後に、森吉治「世直し府民ネット」事務局長から行動提起と閉会のあいさつがありました。
世直し!府直し!サイトはこちら