参議院選挙勝利めざし中京区事務所開き
 6月4日(土)、参院選挙での大河原としたかの勝利、比例での大躍進めざす中京区事務所開きが開かれました。
 開会のあいさつで、村端豊資・日本共産党中京後援会会長は、3年前に倉林明子さんを国会に送り出した力で、今度は大河原さんをこの中京から是非、国会に送り出しましょうと呼びかけました。

 倉林明子参議院議員は、国会に送り出して頂いて3年になります。それまで共産党の京都選挙区選出の議員が「ゼロ」だったので国会での発言が出来なかった期間が長かった。私を送って頂いてこの3年間、質問・討論で110回となり、皆さんの声を届けるしごとが出来ました。これで大河原さんを国会に送って頂ければどれだけ仕事が出来るか、今から楽しみにしています。国会には弁護士出身の議員さんがたくさんいますが、憲法を守るどころか憲法を変えようと先頭に立っている議員さんが多い。「今こそ、この京都から正義を知り、憲法をしっかり政治に生かす正義の弁護士が必要なのではないでしょうか。大河原としたかさんを京都選挙区から、なんとしても国会に押し上げてください。」と訴えました。

 大河原としたか予定候補は、安倍政権のこの3年間行ってきた経済政策「アベノミクス」が間違っていて、暮らしも経済も落ち込んでいる。安倍政権の大企業優遇政策を改めさせるのは日本共産党が大きくなってこそ出来ます。大企業から一円の献金を受け取らない政党、日本共産党が大きくなってこそ、この大企業優遇にメスを入れ、根本から転換出来ます。「今度の参議院選挙、定数2の京都選挙区で大河原としたか、皆さんの代表ととして国会へと送り出してください。比例代表は市田忠義さん」へと大きな支援を呼びかけました。
日本共産党中京後援会
村端豊資会長
大河原サポーターズ
寺本憲治弁護士
後援会から花束贈呈