中京区後援会が事務所開き
 衆議院選挙での日本共産党の躍進めざし、10月1日午後2時から中京区後援会が事務所開きを開催しました。
 原田完府会議員の司会で始まり、畑宏治(西新道商店街振興組合理事長)中京区後援会役員は、業者の立場から消費税10%は何としても止めなければならない。そのためにも穀田恵二さんを勝たすために頑張りますと決意を表明しました。
「NON・STOP KYOTO」の河本真智子さんは連帯の挨拶で、安倍政権の暴走を止め、私たちを馬鹿にした希望の党やそれに合流する民進党の議員にはハッキリとノーを突き付けなければなりません。「みなさん、穀田さんを国会へ送り届けるため一緒に頑張りましょう」と呼びかけました。
 平井良人市会議員は、市議会での代表質問にふれ、国の暴走が地方自治体を壊し、住んでいる地域まで壊している現状を報告。根本にある国の政治そのものを質さなければならない、そのうってつけの人物が穀田恵二さんです。ぜひ、この1区から国会へと訴えました。
 穀田恵二比例近畿ブロック・京都1区予定候補は、今朝のNHK日曜討論の内容を紹介しながら、昨年の12月の「京都駅前での野党共闘の演説会」、「今年の京都1区後援会の大規模集会」、「与野党一緒になった国会対策委員長20年・議会制民主主義を語る集会」など、今までにない活動に取り組み成功させてきたことに確信を持ってたたかおうと呼びかけ、その先頭にたつ決意を表明しました。
 最後に、福井英俊中京地区委員会委員長が閉会のあいさつで、共産党への期待が大きく広がるなか、今回の選挙の目標は「全国850万、15%以上、全てのブロックで議席を増やす、近畿ブロックで4議席から5議席へ、この1区では穀田さんを国会へ送る事です」と述べ共にたたかうよう呼びかけました。
中京区後援会事務所
  京都市中京区壬生高樋町8(四条千本西入南側)
  TEL 075-803-6705  FAX 075-811-7108