神奈川県歌人会

神奈川県歌人会の紹介



 神奈川県歌人会は昭和27年に結成されました。今年で66年の歴史を持つ歌人の会です。春は神奈川県の各地を開催地と決め、総会と短歌大会を開きます。夏、源実朝の生誕の日8月9日を実朝祭とし、鎌倉八幡宮の後援を得て、講演と短歌大会を開きます。

また会員との交流をはかり、会報を年2回発行して、会員の方々の作品、神奈川県の名歌、在住歌人による新作発表いたしております。その他神奈川県の風土、歌の歴史をふまえた随想、また、歌枕に関わるものなど掲載してきました。年間に出版されました会員の歌集は選考委員会により、優良歌集賞として1冊表彰されます。会員・会員外を問わず神奈川県在住者の第一歌集も賞の対象候補となります。秋には吟行会があり、神奈川の景勝地を散策しながら会員同士の友好を深めております。

 歌人会は昭和27年に藤沢の滝口寺で第一回を記念して短歌大会が開催されました。

遡りますと、昭和17年に実朝誕生750年を記念して、式典を挙げ、歌碑を建立した時から例となり、毎年実朝祭と称し、八幡宮主催で歌会をするようになりました。このことは四賀光子氏の『行く心帰る心』に書かれてあります。すでに戦時中より継続されていた歌会が、戦後に神奈川県歌人会となり、大きな歌人の集まりになりました。歌人会はあくまで会員の方が主です。役員は年間の行事を恙なく、より良き研鑽の場となるよう日々務めております。


                          

神奈川県歌人会会報第51号



本文へジャンプ