診療再開のお知らせ
10月19日(月)より診療再開します
通常通り午前9時30分より午後5時30分迄の診療となります
金曜日は午後2時から、土曜日は午後1時まで

11月4日(水)・11月13日(金)は休診します
 
東京都杉並区の歯科医院です
東京都杉並区高井戸東3−28−24 電話(03)3334−0601
京王井の頭線高井戸駅徒歩7分 環八井の頭通り交差点すぐ 地図はこちら

金曜日診療時間・金曜午前は訪問診療のため不在:通常診療は午後1時より行います。  
  診療案内  詳しくはクリック 
 午前9:30〜午後1:00
 午後2:00〜午後5:30
  土曜日:午後1時まで   
金曜日:午前訪問診療:
通常診療は午後1時より
   日曜・祝日休診
  診療は予約を頂いています
  事前にお電話を下さい
今月の風景
浄土松公園(福島県郡山市)
写真をクリック
サイト案内
私(院長)の考えること
今月のひとこと バックナンバー【令和2年】
思いつくままに 歯のこと色々
今月の風景・春夏秋冬の1年
「いびき退治」現況を追加しました
院長略歴
「今月の風景過去分」再開しました
旅と山歩きのブログを作りました。
【北へ南へ、東へ西へ】

ようこそ小林歯科診療所へ (since 2002.2.6.)
最終更新日令和2年6月26日
子供さんからお年寄りまで、お口の中を総合的に治すことが重要と考えています。
中でも歯を抜かずに残す歯内療法と、長年の経験の要る義歯(入れ歯)に力を入れています。


今月のひとこと
《7・8月》

 突然「保険診療」に6月から新しい材料が追加されました。「チタン」です。
 「チタン」は歯科材料としては「鋳造床(鋳物の義歯)」としてかなり前から使用されています。最近では、「人工歯根 (インプラント)」の材料としては唯一無二の素材として認められています。しかし、いずれも保険適用外(一般診療)で かなり高価となっています。
 義歯では軽く薄く出来、インプラントでは組織親和性が良く(馴染みやすく排除されにくい・骨に良く着く)他の材料で は代えられないのです。保険採用されない理由は、いずれも高度の技術が必要で施術費用が高くなるからです。
 それでは冠(全体を被せる治療)に保険適用になったのはなぜでしょう。単に材料が現在使用されている金パラジュ ーム銀合金に比べ格安なのです。というより昨年から「パラジューム」価格が高騰していて保険財政を圧迫し始めて いるのです。急遽パラジューム合金の使用量を抑えるために導入されたと考えざるをえません。
 「チタン」は軽くて組織親和性があり材料としては欠点がないのでしょうか。危惧するのは純チタンは溶融温度が高 く、硬度が高い(堅い)のです。製作は鋳造ですから、高温による鋳造精度の検証がどれほどされているか報告があ りません。精度が問題になります。“硬い”という事は歯根(歯を支える組織)に負担がかかり過ぎること、咬合調整 (噛み合わせ)も難しく、自然なすり合わせ(咬耗)も起こらないのです。
 付き合いのある技工士さんも「チタン」に対しては懐疑的で、取り入れる事は静観するようです。患者さんの口の中 に長期間入れるのですから、それなりの実績のある製品が求められるのです。

 

移転してすでに16年になります

 渋谷で36年診療してきました。ビル老朽により取り壊しとなり移転を余儀なくされました。
 ホームドクターを目指し住宅街の真中で開業したはずなのに、都市化の波の中、あっという間にビジネス街のまった だ中になってしまいました。初心に返るつもりで、ここ高井戸に移転して15年になりました。お年寄りと、ちっちゃなか わいい患者さんに囲まれて、日々診療に明け暮れています。
 歯科の治療は一生のお付き合いとなります。経験を生かし、高齢者の診療と長い経過を見据えた生涯設計を重点 に置いていきたいのです。

最近の更新
2020.6.26・・・・今月のひとこと《7・8月》
2020.6.26・・・・今月の風景:浄土松公園(福島県郡山市)
2010.10.1.・・・・「 いびき退治に成功しました」 2010.8月現在発生した問題点を提示しました。
2009.10.7.・・・・TOPページレイアウトの変更
2007.7.5.・・・・・・“痛みについて”項目追加
2006.10.18・・・・旅と山歩きの別冊ブログを作りました。