高野山真言宗 那須波切不動尊 金乗院
トップご案内弘法大師の教え法話集初詣節分会火まつり供養と仏事関東三霊場那須聖地霊園インフォメーション
関東三霊場 火まつりと滝のある寺
2022年(令和四年)の行事
1月:初詣(開運・厄除初護摩祈願)[三が日]
:初不動(護摩祈願祭)[28日(金)午前11時より]
2月:節分会(明運星祭)[3日(木)午前11時・午後2時]
3月:春の彼岸会[18日~24日]
4月:春の巡拝の旅[計画中]
6月:大柴燈護摩祈願祭(火まつり)[28日(火)]
8月:盂蘭盆会(お盆)[13日~16日]
9月:秋の彼岸会[20日~26日]
12月:越年護摩祈願/除夜の鐘[31日]
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
毎月:波切不動尊御縁日[28日]は午前11時より
[1日、15日]は午後7時半より
本堂にて護摩祈願勤修
毎月21日は真言宗の宗祖・弘法大師の御縁日です
インフォメーション
●車の交通安全祈願ほか諸祈願随時受付中!
●境内霊園墓地〈那須聖地霊園〉分譲申込受付中!
祈念
東日本大震災犠牲者慰霊
東日本大震災被災地復興
祈願
那須波切不動尊金乗院は、東日本大震災の犠牲となられた方々の御霊に対し冥福を祈ると共に今後も被災した人々の深い哀しみを共有しながら、被災地の復興と共に平穏な日々が訪れる事を願い祈っております。※大震災から1年を経たメッセージはこちらをご覧ください。
新型コロナウイルス感染収束祈願
当山では、毎月1日、15日および28日の不動尊御縁日に護摩祈願を勤修させて頂いております。その目的は世界平和、国家安泰、五穀豊穣などを祈願することにあり、同時に庶民の願いである家内安全、厄除開運、交通安全、商売繁盛、無病息災、方位厄除、大願成就なども祈願しております。この度、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、当山では、感染の早期収束を願うべく護摩祈願をさせて頂いております。
一刻も早い感染の収束と罹患された方々の快復をお祈り申し上げます。  合掌
盂蘭盆(うらぼんえ)
8月13~16日は盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、先祖や身近な故人の御霊をお迎えして供養するお盆です。仏教行事としての始まりは、お釈迦様の十大弟子のひとりとして知られる目連尊者の話(供養と仏事-盆行事を参照)に由来するといわれ、旧暦の7月15日を中心に行われていましたが、今日では8月15日を中心にひと月遅れで(東京をはじめ一部地域では、現在でも7月に行われている)盆行事を行うのが一般的になっています。お盆は「魂祭」と呼ばれるように、お盆の間、先祖や身近な故人の精霊と共に過ごしながら供養するという意味もありますから、 先祖や故人の魂と静かに向き合い、それぞれがゆっくりと心の中で語らう機会として大切にしたいものです。
といっても、令和2年から始まった新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、これまで盆行事はいつも通りという訳にはいかず、落ち着いて供養する環境が造り難かったのも事実のようです。そのコロナもここにきて落ち着きを見せていることから、今年は久々に行動規制のない夏休みとなる見込みで、おそらく帰省や精霊馬・精霊牛盆行事、お墓参りも数年ぶりに通常を取り戻すのではないかと言われています。ただ7月に入ってコロナ感染が微増ながら拡大しているとの報告も出ていますから、どうぞ感染には充分に気を付けながら、久々のご家族との再会、先祖や身近な故人の供養など、心静かなお盆になるよう願っております。(合掌)
御 礼 !
火生三昧去る6月28日、当山の本尊・波切不動尊の大祭『火まつり』が開催されました。コロナ禍で開催中止が続き、実に3年ぶりの『火まつり』となりましたが、今年は世界的な異常気象で猛暑の中での祈願祭となりました。不動明王は、常に大火炎を背にしているように炎の世界に住し、私たち衆正の煩悩や諸難を炎の力で焼き尽くして下さるという仏様です。火まつりは、護摩の炎の中に不動明王をお招きし、その世界に近づき、不動明王との一体を観じるべく、一心不乱に炎の世界に、その心身を委ねながら祈願する荒行ですが、今年はジリジリと照りつける炎天下の中で、炎の神力をより深く感じることが出来たのではないでしょうか。遠路より沢山の参拝を頂き、皆様と共に無事、祈願を終えることが出来ました。ありがとうございました。
栃木十三仏巡り
栃木の十三仏と霊場巡り
不動・釈迦・文殊・普賢・地蔵・弥勒・薬師・観音・勢至・阿弥陀・阿閦・大日・虚空蔵それぞれの違った役割、特性を持たれ、私達(一切衆生)を救済してくださる十三の仏様です。
この世に生を与えて下さった先祖や両親はもとより、広大な智慧と慈悲の心を持って私達を救わんと見守って下さっています。その仏様たちに感謝すると共に、御利益を頂きながら、心安らかな日々が過ごせますよう栃木十三仏霊場へ出向き、参拝致しましょう。
栃木十三仏霊場会事務局
『栃木十三仏巡り』より
心通う霊場巡りの旅をしてみませんか
御朱印

令和二年春彼岸 御朱印

霊場巡りといえば、真言宗の宗祖・空海(弘法大師)ゆかりの札所として古くから人々の心を惹きつけてきた四国の霊場巡りが知られていますが、昨今は京都や奈良はもちろん、全国各地の古寺・古刹を訪ねる霊場巡りが静かなブームとなっているようです。当山でも、年に二回、四国や高野山をはじめ、多くの霊場に巡礼の旅を実施しておりますが毎年、旅を楽しみにされている方が多くおられるといった状況です。
そんな時代を背景にしてか、遠方より当山を訪れてくださる方も少なくありませんので、霊場巡りや寺院参拝の証明となる御朱印についてご紹介します。古来、御朱印は寺社に参拝した折に写経した経文を納め祈願した証として、 その寺社や本尊の宝印を頂いたのが始まりとされています。 当山では参拝して頂き、当山および本尊とご縁を結んで頂いた記念として、所定の御朱印料をもって授与しております。この御朱印は御札と同じですから、 自身の御守として、大切にお持ち頂ければと存じます。
※御朱印巡りのページを設けましたので、インフォメーションまたはこちらからご覧ください。
●2022年(令和四年)の年回忌は下記のとおりです。法要の予定が決まりましたら早めにご連絡ください。
年回忌法要 該 当 没 年 年回忌法要 該 当 没 年 年回忌法要 該 当 没 年
一周忌 令和三年・逝去 十七回忌 平成十八年・逝去 三十三回忌 平成二年・逝去
三回忌 令和二年・逝去 二十三回忌 平成十二年・逝去 三十七回忌 昭和六十一年・逝去
七回忌 平成二十八年・逝去 二十五回忌 平成十年・逝去 五十回忌 昭和四十八年・逝去
十三回忌 平成二十二年・逝去 二十七回忌 平成八年・逝去 七十回忌 昭和二十八年・逝去
※来年2023年(令和五年)以降の年回忌については<没年と年忌法要早見表>をご参照ください。

ファイル最終更新日:2022/07/01
Since Renewal in April, 2007:
Counter
高野山真言宗 那須波切不動尊 金乗院 栃木県那須塩原市沼野田和571 TEL:0287(65)0076 FAX:0287(65)0238
Copyright (C) 2007 Konjouin All Right Reserved