那須波切不動尊金乘院
インフォメーション(護摩札)□インフォメーション2008□インフォメーション2009□インフォメーション2010
□インフォメーション2011□インフォメーション2012□インフォメーション2013□インフォメーション2015
□ □ □□ □ □□ □ □□ □ □
盛大に『火まつり』を開催!
平成25年6月28日(金)、今年も金乗院の本尊・波切不度尊の大祭『火まつり』が盛大に執り行われました。午前10時30分、柴燈護摩供の始まりを告げる法螺貝の音が境内に響きわたると修験者による護摩壇の清浄と護摩道場(会場)の結界、さらには邪気の除抜が行われ、大祇師を務める当山住職によって「請願文」が読み上げられると、いよいよ護摩壇に火が入りました。生き物のように立ち上る白煙が境内と背後の稲荷山に流れると、やがて煙は真っ赤な炎に変わり、その熱気が『まつり』を見守る約800人の参拝者の前に迫ってきます。その迫力は大祇師による「湯加持行」、修験者による「松明行」、更には「火生三昧」と称して大祇師が炎の中を渡り歩く荒行でクライマックスに。最後は檀信徒や参拝者の「火渡り行」が行われ、無事に祭を終えることが出来ました。遠路より沢山のご参拝を頂きありがとうございました。
節分会で厄除・開運護摩祈願!
2月3日、今年も本堂において、新たな年の厄除・開運を願う節分会(明運星祭)の護摩祈願が執り行われました。今年は日曜日ということもあり、子供さんを連れたご家族も多く、また天候にも恵まれて、本堂はもとより、境内は例年にも増して多くの参拝者で賑わいました。護摩祈願は、午前と午後、二度行われましたが盛大のうちに無事終えることが出来ました。遠路より多くの参拝を頂きありがとうございました。
「ご祈願で大切なことは
願主の真摯に願い
祈る心です
ご一緒に祈りましょう」
という
護摩導師を勤める
当山住職の言葉を頂いて
祈願祭が始まりました
護摩導師の言葉
梵天によるお祓い



始まりを告げる
法螺貝が吹かれ
梵天によるお祓いが
行われました
祈願札
一心に祈る護摩導師
▲護摩の火は「智火」ともいい、不動明王の智慧を象徴しています。
護摩導師を勤める当山住職は、気合いと共に祈願札を炎にかざしながら、
願主の願いが不動明王に受け止められ成就するよう祈ります。
 
護摩祈願の後は、豪華懸賞付きの開運福まきや
負けるが勝ちというジャンケン大会が賑やかに行われました。▼
福まき-1
福まき-2
明運星をくぐる参拝者-1


境内では、節分の日にくぐると
さらに運が開け、ご利益も倍増
するという星形の石碑・明運星
(みょううんせい)に祈願する参
拝の方々で終日賑わいました。
※ ご 報 告 ※
下記の日程で実施された「北関東三十六不動尊霊場巡拝の旅」は、
初日が生憎の空模様で、雨の中のスタートとなりましたが、
二日目になると一転、見事に晴れ上がり、
澄み切った空気の中、行く先々で綺麗に咲く桜が目を楽しませてくれるなど、
実に気持の良いお参りをする事が出来て、
今年も、28名の参加者全員が無事に旅を終えることができました。

那須波切不動尊巡礼会
写真は25番札所・身代わり不動尊一乗院にて
北関東三十六不動尊霊場巡拝者募集!
日時◆4月3(水)~4(木)日
  参加会費◆30,500円
  巡拝霊場◆茨城県十二霊場
  ※お一人でも気軽に参加いただける旅ですから、遠慮なくご参加ください。
  ※お問い合わせ・お申し込みは
 
那須波切不動尊巡礼会
トップ本院のご案内護摩祈願厳修阿字観①阿字観②花暦・春花暦・夏花暦・秋花暦・冬弘法大師の教え
法話集初詣(開運・厄除)節分会(星祭り)本命星・当年星当年星早見表柴燈護摩法要・火まつり
不動尊大祭没後の世界墓地と墓盆行事春秋の彼岸年忌法要焼香・仏壇・開眼法要北関東三十六不動尊霊場
関東薬師九十一霊場関東地蔵百八札所那須聖地霊園アクセスサイトマップインフォメーション御朱印巡りお問い合わせ
TOPへ