本文へスキップ

お客様と共にこだわる家造り

TEL. 0774-20-1473

〒611-0013 京都府宇治市莵道森本8-10

家ができるまでconstruction process

まずは基礎から

更地

更地

工事に取り掛かる前の更地の状態です。
この写真では雑草の生えた手付かずの状態ですが、このあとボーリング作業など地盤調査を行い、軟弱地盤だった場合はさらに「くい打ち」など地盤の改良工事を行って、基礎の準備をします。


基礎1

基礎工事開始!

地盤改良が終わって整地したあと、建物の構造、鉄筋の配置に従って掘削を行っているところ。
この後さらに砕石を敷き詰め、圧力をかけて締め固めていきます。こうすることで基礎を強固なものにします。

     
基礎2

防湿シート

砕石の次に、地面からの湿気を防ぐ為の防湿シートを設置し、コンクリートを流し込んだところ。
このコンクリートは「捨てコンクリート」といい、この後の作業を行いやすくする為に基礎の下に打つものです。


基礎3

配筋工事

捨てコンクリートに墨出し(作業の為に鉄筋や型枠の配置や線などを書き入れること)をして、それに沿って鉄筋を組んだところ。
鉄筋は鉄線で固定しています。この後、ここにコンクリートを流し込んでいきます。


     基礎4

コンクリートの充填

鉄筋の上にコンクリートを流し込んだところ。
この後、立ち上がりを作ったら基礎の完成です。



バナースペース

株式会社 松村工務店
京都府知事許可 (般 - 27) 第40630号

〒611-0013
京都府宇治市莵道森本8-10

TEL 0774-20-1473
FAX 0774-20-1479