大正から令和へ

 鳥取温泉は、現在の吉方温泉町で明治37(1904)年に発見されました。
 それから20年近く経った大正10(1921)年、吉方温泉街から300mほどはなれた田んぼの一部に雪が早く消えるところがあり、そこに温泉が自然にわき出ているのが見つかりました。いつしか簡単な浴槽をむしろで囲った露天風呂ができました。
 やがて本格的に掘削をおこない、大正14(1925)年、「噴泉浴場」として開湯。
当時から付近の人々は、そのあたりに出た最初の温泉だったので、「元湯」と呼んでいました。後に、この通称を屋号としました。
 以来90余年、平成18(2006)年12月には半世紀ぶりの改築を経て、今日まで地元の方々と自然の恵みを享受いたしております。

 


「鳥取温泉」とは、鳥取市街地に点在する吉方温泉、永楽温泉、末広温泉の総称です。鳥取の夏の風物詩「しゃんしゃん傘踊り」の踊り唄「きなんせ節」の一節にも唄われています。 当浴場は末広温泉を利用した銭湯です。豊富ではない湯量でありながら、多くのミネラルを含み、この自然の恵みを満喫していただくべく、当浴場は大浴槽1つと水風呂1つというシンプルな構造になっております。また、シャワー、カランの湯も温泉を利用しています。

泉質 ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
泉温 49.7℃
一般的適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
泉質適応症 動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病



営業案内

営業時間

朝風呂 6:00~9:30
午後 13:00~23:00
(それぞれ30分前には受け付けを終了します)
定休日 なし (年末年始はお問い合わせください。)

入浴料金

大人 450円 回数券11枚 4,500円
中学生・高校生 300円 回数券11枚 3,000円
小学生 150円  
幼児
3歳以上
80円  

以下のことは禁止行為です。
・泥酔の方の入浴
・介助が必要な方で、付添人を伴わない入浴
・8才以上の男女の混浴

※入れ墨、タトゥーの方はご遠慮願います。

取り扱い商品

ミニシャンプー ミニリンス
カミソリ 歯ブラシ
ヘアブラシ 石けん(大、小)
タオル ナイロンタオル
貸しタオル 貸しバスタオル
ドライヤー(5分10円)

※ 浴室にはボディーソープのみ備え付けています。

アクセス・問い合わせ

〒680-0833 
鳥取県鳥取市末広温泉町557
電話 (0857)22-7617  
FAX (0857)30-1733

「JR鳥取駅北口」より徒歩12分(約1km)
最寄りのバス停「生協病院前」より徒歩3分(約200m)
駐車場あり(17台分)