第6回MUWVOB山行報告

●目的地:鈴鹿山系 藤原岳(1120m)

日 時:平成14年3月31日(日)


●集 合:三岐鉄道西藤原駅 午前9時15分
     電車…近鉄富田駅発 三岐鉄道8:22発 西藤原駅9:13着(3名)
     
車……現在駅前は駐車することができず、少し離れた小学校向かいの町営駐車場に駐車。1台300円(6名)


●行 程:西藤原駅AM10:00出発〜聖宝寺道(裏道)〜藤原山荘PM1:00着〜
     藤原山荘PM2:00出発〜大貝戸コース(表道)〜西藤原駅PM4:30着

●参加者:村瀬(1期)、林(3期)、佐藤(23期)、早川(26期)、千田夫妻(27期、三重短OG)、ルーシー(三重短OG)、あかし(三重短OG)、中村(あかし友人) 計9名(敬称略)
三重短OGは、ワンゲルネームです。

●山行記録:
 天気は晴れ。今年は、春の訪れが早いせいか西藤原周辺の桜も満開で、お花見をしながらゆっくり聖宝寺まで歩いた。

       登山道に入り少し歩くと長命水に着き、皆さん水を飲み小休止をとった。これ以降、お目当ての花を見つけようと山の斜面や足元をみながら歩き、花を見つけると足を止め、図鑑を取り出し名前を探した。白い花のセツブンソウ、黄色の花のフクジュソウが多く、期待していたカタクリは、葉は見つけることができたが、まだ時期が早かった。

       7合目から8合目辺りは、フクジュソウが斜面いっぱいに咲き乱れ、とてもすばらしかった。花に見とれてかなり登山者に抜かされ、ようやく藤原山荘に着くとそこは、人人人。あまりの多さに驚かされた。人ごみを避け山荘裏のカルスト地帯の丘で昼食をとることにした。

       昼食をとっていると空が急に暗くなり、雨が降りだしカッパ着用。せわしく食事をすませ、展望台(頂上)はパスし下山開始。しかし、下山開始後雨が止み、いたずらな天気であった。

       大貝戸コースは、人が少なくなり、ほとんど裏道へ行ったと思われる。しかし、花を見るなら私たちの行程のほうがよいと思う。

       朝、3期の津田さんからTELがあり、山行には参加できないが下山するころ私たちに会いに来てくれるとのこと。しかし、あまりにのんびり山行だったため、予定下山時刻を大幅に遅れ連絡もとれなかったので、お会いできなかった。せっかく来ていただいたのにすみませんでした。

       フクジュソウのお花畑は、一見の価値あり。(26期早川)


フクジュソウの群生の中で

(セツブンソウ)

次回のOB山行は6月の予定です。