八臂弁才天

インドの川の神様=サラスヴァティ神に由来し、古くから海辺や河川、湖などの近くにまつられて水の神と
されたのですが、平安時代〜鎌倉時代に戦勝に導く女神として八臂の弁才天が武家を中心に信仰されました


画像をクリックしてください

像高約18センチ ヒノキ材 キリカネ彩色