耳鼻咽喉科の怖い病気  
     
 
●頭頸部腫瘍・がん


 ・喉頭がん ・副鼻腔がん ・上咽頭がん ・中咽頭がん ・下咽頭がん
 ・舌がん・耳下腺がん、腫瘍 ・顎下腺がん、腫瘍 ・口腔底がん 
 ・甲状腺腫瘍、がん・外耳道がん ・悪性リンパ腫 ・横紋筋肉腫 など


    
      喉頭白板症        左扁桃がん:悪性リンパ腫        喉頭がん
   
       舌がん             左中咽頭がん          舌白板症

→喫煙、飲酒、カフェイン、合わない義歯、歯並びの悪い歯、EBーウイルス感染など
  による刺激により、発がんする腫瘍・がんが多いとされています。

「頭頸部がんにならないため・早期発見のための7か条」 
 1.タバコは吸わない
 2.過去にヘビースモーカーであった人は禁煙していても定期的
   に耳鼻咽喉科専門医の検診 を受ける
 3.お酒は1日1合まで
 4.カフェイン飲料の飲みすぎは控える
 5.長引くカゼ症状は、専門医の耳鼻咽喉科を受診する
 6.声を使いすぎたあとは、きちんと休める
 7.歯並びは矯正し、合わない義歯は調整する


●急性喉頭蓋炎

   発症から短時間で急速に炎症が増悪し、急激なのどの奥にある喉頭蓋が腫れて
  呼吸ができなくなり、窒息死となる可能性のある病気です。
   この病気は、口をあけてみるだけでは診断がつかなく、専門医である耳鼻咽喉科医
  による
間接喉頭鏡喉頭ファイバーで観察しないと診断できません

   症状としては、のどの痛みは飲みこみの際の痛みがみられ、呼吸しにくい自覚がある
  のは40%程度で多くの場合は、「ふくみ声」となることが多いです。
   
   喫煙している方は、診察時にはひどくなくともあとから、悪化してきて診断がつくことも
  ある病気です。

   緊急を要する場合には、入院のうえ、呼吸を確保するために気管切開を行い、気道を
  を確保し、浮腫を改善するための短期ステロイドと肺炎球菌、溶連菌、インフルエンザ菌
  をカバーする抗生物質(抗菌剤)の点滴管理が必要となります。
   
   日本では、のどの痛みなどのカゼ症状が耳鼻咽喉科が専門でみてもらうという意識が
  薄く、毎年、何例かが手遅れとなり、亡くなっているような病気です。