1月13日
 今日は仕事が終わって家でのんびりしてると友人からメバルが爆釣との電話。こりゃ大変と電話を切った5分後にはすでに釣り場に向かって車を走らせていました。今日は夜景のきれいなアルカポートが舞台です。


 船着場の浮き桟橋よりカモンワーフを望む。こんなにきれいに整備されててもカップルもほとんどいない下関っていったい、、、門司港レトロは人がいっぱいいるのに。寂しいぞ下関の若者!!!

 そして寒空の下肩を寄せて釣りに興じる男が3人・・・・・

 ←浮いてるのでゆれるため写真がぶれてます。見苦しくてすみません。


 この桟橋の上から友人は浮き釣り。私はめんどくさいのでミャク釣り。すでに友人はバケツに山盛り釣ってます。そして私が釣りを開始したときにはすでに時合が過ぎていたという罠が、、、、というかこの場所にいたやつをすべて釣ってしまったということなのかも。こうなったら探り釣りだと、先端の灯台に向かって釣り歩いていると、海の様子がなんだかおかしい。やけに光ってるなぁと思ってライトで海面を照らすと、そこには小魚の大群が!!多分ボラの子魚と思うけど6畳ほどの範囲にびっしりいました。

 さらに驚くことに、何やら怪しい音がしています。

パシューッ、、、、、

パシューッ、、、パシューッ、、、、、、プシュッ!!!!!

 目の前にニョキッと出てきたのはイルカ(スナメリ?)ではないですか。まさかこんなところで、しかも目の前で現れるとは思わないので力いっぱいびびりました。しかも1頭ではなく確認できただけで3頭はいました。とりあえず暗い海に向かってフラッシュたきまくりましたが、残念ながら写りませんでした。昼間なら良かったのに。
 思わずイルカウォッチングに興じてしまい、釣りをほったらかしにしていたため今日の私の釣果は小さいメバル5匹だけでした。しかし友人はこつこつと釣り続けていたので数えてみるとすごい数になってました。



 〜20cm 30匹弱


 皆さんくれぐれも乱獲はいけません(笑

 食べるだけ釣ったらやめましょう。といいつつ本音は釣れるだけつってしまう。。。。ゴメンネ。おいしくいただきました



         戻る