1月30日
 今日は少し風がやんだのでこれは釣りに行かなければと、お昼から餌を買い込んで一路吉母漁港へ。釣り場に着くと先客がいたのでしばし見学させていただきました。どっかりとパイプ椅子に座って竿をかまえ、空いた手でダンゴ餌をコネコネ、釣りビデオを見ているようでした。話を聞くと朝からがんばってるけど全然アタリなし。ダンゴもオキアミも残るとのこと。この数日海が荒れているから湾内がいいと思ったんだけどねと。私もそのつもりでここを選んだのに、作戦失敗か。
 
 仕方なく場所移動。次も似たような作戦で荒田フェリー乗り場へ行きました。14時ころ着いたのですが他に釣り人はおらず、風の強い中一人寂しく撒き餌を打ち続けました。が待てど暮らせどアタリなし。あまりにも寂しいので、3日前の投げ釣りで残っていたケビで投げ釣りも一緒にしました。2兎追うものは何とやらじゃないですが、浮きを見てると鈴が鳴る。あわてて投げ竿を見ると、道糸に流れてきた藻が絡んでる。なんて失態をさらしつつ2時間ほど粘りました。しかし投げも浮きも一切餌をとられること無く、集中力の限界が。ここで再度場所移動を決意。そして片付けのため投げ竿を巻くとなんだか重い。なんだ岩かと一瞬思わせておいて、触るとぐにゃり。ナマコちゃんでした。しかし、うまく引っかかるものだなと感心しました。





とりあえずせっかく釣れたので刺身にして食べてみました。なかなかおいしかったです。ちなみにナマコってさばいた瞬間身がカチカチになるんです。なんだかミョーな感じでした。









 そして次に選んだ釣り場は、やっぱり赤間神宮前。なんといっても、帰り道だし、真横まで車つけられるし、自販はあるし、いい釣り場です。ここに着いたのはすでに16時頃だったので、撒き餌消費のため、怒涛の勢いで柄杓を振りました。そして、薄暗くなり、もうだめかと思ったときにスゥッと浮きが入り、あわせもばっちり、しかし引かない。フワン、フワンと頭をふって手のひらより少し小さいかわいいメイタが釣れ、納竿となりました。
 贅沢はいけないけどもっと大きいのが釣りたいよぉ。

ビッグママになってまた釣れてね。と声をかけ、リリースしました。


              戻る