2月26日

 今日は2度あることは3度あるの夢を見て朝から角島でジグを引っぱってみました。テトラ先端のポイントは先客のフカセ釣り師がいたので、テトラの中ほどからキャスト開始。ひたすら、ただひたすら投げては巻いての繰り返し。
しかし待てど暮らせどバイトなし。

 そうこうしているとナマコ獲りの老夫婦が小船で目の前をプカプカとやってきました。ばあちゃんがカイを漕ぎ、じいちゃんが箱眼鏡で海の中を覗きつつ長い竹ざおでナマコを突いてゲットしてました。しかもじいちゃんは海の中を覗いたまま無言で手を振って船の移動をばあちゃんに指示。すごい阿吽の呼吸。あまりによく獲れるのでしばらくぼんやりと見とれてました。しかし、いつまでも見とれてても仕方ないので船を避けてキャスト再開。ところがすぐに根がかりしてしまってルアーをロストしてしまい、何となくやる気が無くなって釣り終了しました。

 しかし、手ぶらで帰るのはさみしいので、しばらく悩んだ末豊田湖でワカサギを釣ろうという結論にたっしました。まずは入漁料の安いオートキャンプ場をのぞいてみましたが、ハヤがたまに釣れる程度でいまいちでした。しょうがないので定番の山本ボートの桟橋へ。こちらはワカサギがポツリ、ポツリと釣れています。ミツミツはワカサギの竿なんか持っているはずも無いので、磯竿の竿先だけ出して釣り開始。まぐれで鯉でも引っかかったら竿折れるじゃんなんていう心配はよそに、一切あたりなし。ボート店のお姉さんが見かねて、餌はこまめに付け替えてください。アタリは・・・・なんて親切丁寧に教えてくださいました。毎度のごとく私はどう見ても釣り人に見えないいでたちなので、きっと初心者に見られたのでしょう。

 そんなことは百も承知!わかっとるわい(怒

なんてもちろん言いません。難しいですねぇ〜と笑顔で答えました。しかし心の中では

釣ってやる。釣ってみせる。釣るぞ。絶対釣るぞ。釣るんだ〜!

 とひたすら激しいテンションが燃えあがりました。でも悲しいものでこういうときに限って釣れないんですよね。
きっと針先から「近づけ、近づけ、フッフッフ」という妙なオーラがほとばしり、魚は怖くて近づかない?状況だったのでは。あまりの釣れなさに昼食タイムへ。ここでワカサギ定食を食べるのも悔しいので日替わり定食を注文。山の中で何故か朝漁師さんが持ってきたので新鮮よ!というカレイの煮付けをいただきました。何時間か前まで海で釣りをしてて、坊主だった私はなんだか複雑な気分。まあおいしかったので良しとしましょう。
 
 そしておなかもいっぱいになったところで釣り再開。でも、ここで小雨がぽつぽつと。なんだか不幸な日かも。と思ったのですが、この雨で釣る気オーラがごまかされたのか私の竿にもワカサギが時々かかるようになりました。
そして雨脚が強まり、一人、また一人と周りの釣り人が帰っていき16時前くらいには私一人になりました。私もやめようかなと一瞬思ったのですが、餌がまだあるし、いまいち釣れてないしということで一人さみしく傘をさして釣り続けました。でもこの粘りが功を奏したのです。雨で活性があがったのと、自分の所にしか撒き餌が入らないということで、ひたすら爆釣。水面までワカサギがたくさん見えて、入れパクになりました。もう濡れるのなんてお構い無しに、今日一日のうっぷんを晴らしました。
 


何となく少なく見えるけど178匹でした。今年のワカサギはサイズが小さいです。

天麩羅にして季節の味をたのしみました。










            戻る