5月1日


今日は友人と2人で太刀浦でイカ釣りです。軽トラに発電機を積んで準備万端、気合も入りまくりです。釣り場に着くと相変わらず人、車、人、車という感じで、ようやく空いてる場所を見つけて釣りはじめました。しかし今日もまたイカは釣れていない様子。いや〜な気配を感じつつ、友人と竿をしゃくってアタリを待ちます。するとやっとこさ友人に待望の1杯目。俄然元気になって竿をしゃくりますが後が続きません。しばらくすると友人は軽トラ屋台でラーメンを買ってきてすすってました。屋台の親父の話では2日ほど前に1人で30杯くらい釣って帰った人がいたとのこと。そんな日に当たりたいものです。そして、ラーメンなんかすすってる場合じゃないぞってなタイミングで又も友人にヒット。

 う〜〜んくやしい。すぐ隣で、同じような仕掛け、棚、シャクリなのになぜなんだぁ!そしてさらに友人が1杯追加したところで、悔しくなって竿を変えてもらいました。しかし、今日はつりの神様が私に微笑むことはありません。竿を交換してまもなく、またもや友人にヒット。うぅ、その竿はついさっきまで私が持ってたんだよぅ!

 これってテクニックの差!?なんだかとっても認めたくない現実を感じつつ、ミツミツは結局坊主で釣り場をあとにしました。帰ってから速攻で刺身にしてたいらげました。




 しかしこのイカはよく墨をはきますねぇ。




         戻る