3月25日

 夜中に仕事が終わって、その足で今日は新南陽まで遠征です。場所は以前釣果のあった長田の波止です。朝5時前についてあたりは真っ暗。風も無く静かな海が広がってます。ここで寝たら起きられないと思い、電気浮きを使って釣り開始。開始早々ミクロメバルの入れ食いです。何やらイヤな予感を感じつつ夜が明けました。しかし夜明けとともにメバルの姿は無くなり、チヌがくるぞ!チヌがくるぞ!と期待が高まります。明るくなり、釣り人も増えてきました。しかし肝心なチヌはつれず、代わりに何やら餌取りが大漁発生。どこに投げても一瞬のうちに餌がなくなります。あまりの悔しさにクロ用の小さい針に餌をちょこっとつけて餌取りを釣ってみることに。すると、ミクロサイズの海タナゴでした。う〜〜ん迷惑なヤツだ。

 あまりの餌取り攻撃にダウンしてしまい、車に戻って仮眠を取ることに。昼前に目覚めてひょっこりと釣り場に戻ると、あら不思議。あたりは暴風が吹き荒れてます。釣り人もほとんど帰ってます。寝る前は風一つ無かったのに、何が起きたんだろう。まともに正面から風が吹いて撒き餌を打とうにも全部足元に落ちてしまう始末。結局釣り再開から10分ほどであきらめるハメに。

 撒き餌が大漁にあまったので下関に帰ってから赤間で竿だししましたが撃沈しました。

 はっきりいって眠いっす。皆さん睡眠は十分にとりましょう。


        戻る