5月18日

雨降りあと、大潮ときたらスズキでしょう!ということでT前に出動。
後輩に絶対釣れるからおいでと強引に誘う。

で現地到着。車のそばでのんびりと竿を準備してたら
ポイントそばに車が1台到着。釣り人が1人そそくさと竿を持って走って行く。

しまった。のんびりしてたらポイント取られてしまった(悲

ここは爆釣ポイントは限られている。
本命ポイントには入れず、10m程はなれた場所からキャスト開始。
しかし振れども振れども反応はない。

バシャバシャッ!
本命ポイントにはいった兄さんにヒット!
が小さいセイゴ。

でもうらやましい。
後輩はおぉ〜釣れてる。本当にここで釣れるんだと俄然やる気をみせる。

そしてこっちもあたった!と思ったらストラクチャーでルアー1つロスト。

時はすぎ、、、3時間以上2人ともあたりなし。
お隣さんは4本ゲットしている。ただしタモはでてなかったので型はイマイチのよう。

潮位もさがってきてもはやこれまでかと思ってると、お隣さん[お先に〜」と帰られた。

ラストチャンス。あいたポイントに入りすかさずキャスト。
後輩に、トレースコースの説明をしながらリトリーブ。
そして3キャスト目に奴はやってきた。

ひったくるようにプラグを咥え、横に走り出す。
ヒットォ!!!
エラ洗いの音が大きく響く。
まずまずの型よぉ。タモ用意!

後輩にタモいれしてもらってめでたくキャッチ。


写真じゃわかりづらいけど、丸々として絶対70オーバーと思ってたのに、
メジャーをあてると67cmだった。重さとパワーはよかったんだけどなぁ。

干潮になったので、この1匹を釣り上げたところで終了。
今日は人の釣る姿を見るだけか。とあきらめてたけど、最後に逆転。
お隣さん、もうちょっと粘れば良いサイズが釣れたのに・・・・・
ありがと〜〜〜。


戻る