10月24日

行き着けの釣具屋でエギ王選手権があるよ〜っと言われて
軽い気持ちでエントリー。この時まさか、優勝してしまうなんて
思っても見なかった。

場所は福岡野北漁港。
行ったことない場所なのでとりあえず9月に偵察に行ってみたが
アオリはあまり釣れておらずプラクティスにならない・・・・
とりあえずあちこちのアングラーに話しかけてみてポイントを情報収集。

そして迎えた決戦当日。

流石に100人の大会となるとすごい人だかり。
誰をみても上手そうで気持ちが萎える。


いざ実釣開始!勝負は3杯の合計重量で決まる。
気合をいれて目をつけていたポイントへ走る。
無事ポイントに入れて一安心。
キャスト、シャクリを繰り返す。

繰り返す・・・・繰り返す・・・・・・

遠くからキャッチした喚声が聞こえてくる。


コチラの竿には海からの反応はない。
両隣の人もいつの間にか場所移動し、私の周りは閑散としていた。

・・・・・まずい。移動か、粘るか・・・・・


集中できずに漫然としゃくっているとエギロスト。
ここで移動を決意。


どこに行こう?右?左?前?後?
ドコを見ても誰かがしゃくっているのでなかなか困った状況である。
てくてく歩いて人があまりいない所をさがしてると、少し潮が流れてる感じの所発見。

ココしかないっ!
絶対に掛けるっ!
そう自分に言い聞かせてボトム〜中層を探る。
小さい見えイカはいらない。狙うはビッグのみ。

そして秋というのにロングステイ(釣れなくて飽きたともいう)
のあとのシャクリで・・・・・・

グニッ

としてティップが止まった。

次の瞬間・・・・グイ〜〜〜ン グイ〜〜〜〜ン
ジェット噴射開始!しかもドラグでてるし。
アタリを取れずに勝手に乗っていたので格好悪いが、とにかくヒットだ。
ドキドキしながら寄せてくると秋にしてはまずまずの348gのアオリ。

1杯釣れると俄然元気がでてくる。

そして気合に比例してエギが減っていった。オイオイ(汗


それでも懲りずにしゃくりまくっていると、
コツンっ ドンっ

よっしゃ〜2杯目ゲットぉ〜〜。秋には上等582g!

会場に散らばっている仲間との情報交換ではこの時点で
2杯釣っている人はほとんどおらず、
釣ってる人もコロッケサイズで大きいのはあがってないとのこと。


2杯目をタモいれした後、もしかしたらという緊張で手が震えはじめる。
エギを付け替えようにも、ラインが思うように結べない。

残り1杯。焦りと緊張を振りほどくように大きく深呼吸をし、
再びポイントを丹念に探る。

そして、終了時刻が近づいてきてあきらめかけた頃に
待望の3杯目がヒット。ちょっと小さいが262g
検量対象の3杯をそろえた。

その後時間ぎりぎりまで粘るが追加はでず、検量へ向かう。

ぞくぞくともちこまれるアオリイカ。

どこの釣り座も渋かったようで3杯そろえている人はいない。

私のアオリイカをだすと検量所の空気が変わる。
合計1192g

ひょっとしたら入賞圏内?
どきどきしながら集計が終わるのを待つ。

そして迎えた表彰式。

順番に表彰され、いよいよベスト3となる。

3位、2位・・・・・・・
私の名は呼ばれない。

優勝は山口県からきたミツミツさん

うっひゃ〜〜。
釣りしててよかった〜〜。
本当にびっくり、そしてむちゃくちゃうれしい。

トロフィーと商品のHD,DVDレコーダー・エギ竿


なんと2位はめば関しん吉さんの息子さん。
下関勢でワンツーを飾りました。




そして抽選会でも下関勢は実力発揮(笑

麦酒とおつまみ エギセット&帽子



戻る