3月12日
あきらめるべからず・・・・・


今日は楽しみにしていたシーウルフさんのメバリンピック!
しか〜し、穏やかな週初めとはうってかわり、寒いし風つえ〜。
でも状況が悪いのは皆同じ!頑張ろうと心に誓っていざ出陣。
釣り場にむかって死ぬほどアクセルを吹かす。


その理由は今日の作戦にあった。

その名も・・・・

友よありがとう優勝いただき大作戦。


恐ろしいほどタイムリーに、とあるポイントでメバル好調と友より連絡がはいる。
週初め・・・25upバチャバチャ!!がんがん当たるよ〜。
3日後・・・今日はちょっと渋かったけどそれでも20up確実に釣れまくり

ワンダフォー!!!
この知らせを受けたとき、体中の穴からがでた。

こんなにいいこと教えて下さる貴方は神です。

しかし北九州からとんでもなく離れた山陰地方。
実釣時間は2時間もとれない。
が、他の場所で入賞魚サイズが釣れる自身は無く其処へ向かう。

やっとの思いで現着。
風裏になるのか、意外と風は穏やかでクリアな水面がひろがっている。
先行者のメバラー2人に声をかけると、
まだ釣れてません。久しぶりに来たけどココ釣れてるんですか?
とありがたくない返事が返ってくる。

目を凝らし、耳を澄ますがボイルはない。
とりあえず教えてもらったポイントをピンポイント爆撃。
1g→2g→3g→ダーーッ
と猪木ばりの気迫でトップからボトムずる引きまでためすが反応なし。

時間だけが無常に過ぎていく。

移動?

そう頭によぎったときに隣のアングラーが20cm弱を釣り上げる。

やはりココにはいる。今から地合到来か?と残留を決意。
ピンポイントをやめ、ポイント全体をじゅうたん爆撃
しかし無常にも竿先が震えたのは海草1本のみ。
そしてあらかじめセットしておいた終了を告げる携帯アラームが鳴る。

今日は下関で太一JIGさん、てこ丸さん、ちーかまさん、ピケ夫さんと合流して検量会場へ向かう約束

すごすごと車に戻りナビの到着予想時間を見ると15分ほど余裕がある。
あきらめとヤケクソのまじった気持ちで帰りながらポイントを探し、
釣れるのか知らないが、外灯もあり雰囲気の良さげな漁港をチェック。
2キャストしたところであまりの風の強さに車に引き返す。

次のポイントもやはり風が強い。しかし時間がないのでココで粘る。
といっても10分間でリミット。玉砕してしまった。

そして集合に遅れるよ〜〜っと気合と根性でひた走る。

すると・・・・

気合のおかげで到着時間の余裕が1分、また2分と貯金されていく。そして10分ほど
貯金がたまったところで以前美味しい思いをした事のあるポイントにさしかかる。

たった10分。されど10分。でもどうせダメだろう。どうする・・・?

ポイントに人影が無いのを確認した瞬間身体は反応していた。
状況判断、ジグヘッドやワームの交換をしている時間はない。
タックルケースは持たず、ロッドだけを握り締めて全力疾走。

暗闇の中海に向かって全力疾走する男はさぞかし不審に思われただろう。

そして息切れしながらキャスト。キャスト。あまりの風の強さに5m位しか飛ばない。
ポイントを計算し、風上側でキャスト→ベールオープンで風下にダッシュ
→めいっぱい竿先下げてリーリング。
これで何とか思うところにワームが入っていく。
度重なるダッシュで疲労がピークに達したそのとき、

竿先を一気にひったくるアタリ。きた〜〜。
しかも鋭いつっこみで良型の予感。普段なら多少ドラグゆるめで
楽しんで釣るのだが、今はそんな暇はない。多少強引に顔をコチラに向け
一気に巻いて抜きあげる。
25cm位のサイズであったが、そのときは尺に見えてしまったほど
興奮して嬉しかった。
思わず突然変異で色の変わったセイゴじゃないよね。
メバルの皮をかぶった海タナゴじゃないよね。
とバカを考え、何度も見直してしまった。

時計を見るとあと2分。
今までのあきらめムードから一転!やる気が炸裂する。

風の緩みをつき、ライナーを描いて送り込まれるジグヘッド。
風にあおられるラインから少しでも多くの情報を得ようと五感を研ぎ澄まし、
ファーストテーパーのティップが、その瞬間を待ち受ける。

というのはただのイメージで実際は風に吹かれながらバタバタと走っちゃ〜
中腰で巻き巻き。かっこわる〜。

しかし信じるものは救われる。
再度20cmオーバーのヒット。
まさにミラクル。無事に取り込み時計を見るとリミットオーバー。

今度は海から全速力で駆け戻る。
(警察か漁師さんが見たら絶対悪さして逃げる所に見えたでしょうねぇ・・・)

汗だくへとへとになったがなんとか時間ぴったりに集合。
全員集まったところで検量場所へ。


続々と持ち込まれるメバル達。
ほかにもアラカブやらタチウオやらシーバスやら外道もちらほら。

ちなみに上の写真は同じ下関勢。
オレンジ色の服は今回3位の人ですよん。


そしてわれわれの釣果

太一JIGさん・・・ムラソイ
てこ丸さん・・・良型メバル1、シーバス
ピケ夫さん・・・良型メバル8、リリース多数、シーバス
↑このコンディションの中すごいっす。↑

そして、わたくしミツミツは・・・
2匹長寸47cm位だったかな?で2位入賞となりました。
あの最後の10分。何たる悪運の強さ(笑

1位は2匹長寸50cmオーバー!やられました。

商品を手に喜びすぎです・・・・

大会に参加された皆様、そして今大会を企画、運営されたSea Wolfの皆様お疲れ様でした。
次回も盛大に開催されることをお祈りいたします。ありがとうございました。

戻る