4月の釣行


4月1日

太一JIGさんと海峡で汐巻へ出船。この最近汐巻好釣の噂がチラホラで期待大。
天気がなんとなく悪くて曇ってるけど、波はあまりなく良い感じ。
まずは汐巻に行く前に土産確保のサワラ釣りのポイントへ。鳥も少なく、魚探の反応も今一なのに・・・・・
落とせば喰う!
しゃくれば喰う!
リーダー切れる!


30分もたたないうちに埋め尽くされていくクーラー。
ラインスラッグを出さないようにショートピッチ〜ジャカジャカで攻めて、テールフックもしたけどジグを2つロスト・・・
最初に切られたのはお気に入りのジグだったので超しょんぼり。

いいかげん釣りあきたところで汐巻へ移動。
まずはヒラス狙い。がアタリなし。船長の持ってる竿が気になってたので借りて感触のチェック。なかなか良い感じ。

船長は私のタックルでしゃくってる・・・・・・ヒット!!!
ま、まじっすか。まずまずのメジが取り込まれる。

悔しいけど嬉しい。そのタックルについていたのは2日前に使わないジグを削りなおして作ったオリジナル。移動中に「みたこと無いジグやね〜」「削って作りました。これで釣れたら嬉しいですけどね〜」なんて会話してた次の流しでの出来事。あ〜びっくり。

その後が出ないのでヤズポイントへ移動。
そして入れ食いスタート。なかでも私は爆釣モードでミヨシに立つ太一JIGさんから「ヤズ釣り名人〜!」
と野次が飛んでくる。
ヤズ名人では嬉しくないなぁ・・・・・・ orz
でも本当によく釣れてみんな笑顔。最初はボトム〜20m位で喰ってたけど、すぐに上ずってきてボトム〜上層までどこでもヒット。シャクリも関係なく、ただ巻きも、ストップ10秒もなんでもあり。ジグやフックの大きさも関係なし。ヤズ養殖場の勢い。
しかも何時間も延々と釣れ続くので汐巻きおそるべし。いちばんトモで釣ってた人は船がポイントから外れて反応がなくなったところで突然6~7kgくらいの良型メジをヒットさせる。あ〜うらやましいっす。価値ある1本ですね。

それから昼をちょっとすぎて、ヤズもたくさん釣ったし最後にヒラマサ攻めて早めに帰りましょうとのことでポイント移動。
最初の流しで私にヒット。一応ヒラだけど1kgサイズ???
ここは大きい魚のポイントなのにと船長が不思議がる。で、次の流し・・・・
ここから最後のドラマが始まる。ヒラマサ爆釣スタート!あっちでヒット、こっちでヒット。船長もタモ持っていったりきたり。それでも間に合わず太一JIG さんはポイポイ抜き上げ!う〜ん漢だ!そして1時間くらいの間に船中20本以上のヒラマサを水揚げ。まだまだ釣れる勢いだったけど雷雲が近づいてきてるよ うで帰港となりました。
エイプリルフールの冗談のような本当の釣果で良い一日でした。同船の皆様お疲れさまでした〜。


ミツミツの釣果 ヒラマサ7本・ヤズ数え切れない位・サワラくさるほど・アラカブ1でした。



4月2日
爆風に悩まされながらもメバリングへ。最初のポイントはかなりの風と波。メバルのライズもまったくなし。アタリもなく、人間のやる気も出ずにワーム チェンジもせず・・・・と思ってたら目の覚めるようなアタリで竿が曲がりまずは23型ゲット。そして続けて3回も締めこんで暴れまくりの25↑型ゲット。 うんうん。良い日だと俄然やる気がでて、次なるアタリを求めてレンジやワームチェンジをする。そしてココからなぜか怒涛の3連発アワセ切れ発生。

人生初のメバルのアワセ切れをしかも3連続とはこれ如何に?

ラインは先月巻いて使用2回目の3lb。ドラグもそんなに締めてないし切れる要因は無いが・・・・・
その後はおっかなびっくり弱気のアワセで2回ファイト中にバラシ・・・・・
どつぼです。どうにかもう1匹追加したところで全くアタリがなくなり終了。
やっぱり5匹もやらかすと活性下がります。猛反省。
それからランガンしたけどどこも反応なし。途中シーバスのライズを発見して興奮したけど、ルアーには見向きもせず。眠たくなったので湯沸かしてカップラーメン食べて車中泊。

翌日は朝からエギングに変更。山陰のはるか彼方からしゃくりつつ帰ってきたけど、風は強いし釣れないし。
初おろしのディープブレイカーを持ってきてるので坊主は許されない。気合でどうにか釣り上げたのは良型ヤリイカ。固いロッドなのでティップがほんの少し曲がりました(笑
隣の人がコロッケサイズのアオリを釣り上げたのを見て、なんだか春イカじゃないな〜とやる気が失せて、お花見ドライブをして帰りました。kgUP接岸のXデーはいつになるのでしょうか。

PS:帰りに釣具屋に寄って今までよく使ってた4lbのラインを買いました。逃げた魚は大きい・・・・・・


4月8日

海峡さんで時化模様の汐巻にいってきました。
夜勤明けでほぼ徹夜だったので出船時から結構グロッキー。
頼みのアネロンも持ち合わせがなく・・・・・

沖は波が高かったので午前中は近場でサワラ狙い。だけど、ポツポツッと単発であたるだけで続かず。
誰かが釣ったサゴシの血の匂いが風に乗って漂ってきて・・・・・

何年ぶりかのリバースやっちゃいました。
船酔いは克服したと思ってたけど、いつも飲んでるアネロンが効いてただけなのね〜。
でも波も落ちてきて1回リバースした後はほぼ復活。がんばってしゃくるべし。

が、今日は潮周りが悪くてまったく潮が動かず。どうにかヒラマサ1匹ゲットしたもののあとが続かず。
潮さえ動けばまた爆釣しそうなんですけどね〜。渋いながらも船中ヒラ8匹+根魚数匹があがったので魚はたくさんいるはずです。来週はよさそうですね〜。釣りたい人海峡に集合〜。



4月13日

パヤン君と休みをあわせてジギングの予定にしていたのに暴風雨・・・・
やり場の無いフラストレーションの向かった先は、やっぱり釣り場です。
釣バカ2人でランガン&車中泊ツアーへ出動。ハンドルを取られるほどの風!フロントガラスを打ち付ける雨!
風裏になるポイントを探し合羽を着込んで気合十分。
こんな日に爆るかもよ〜っと自らを奮い立たせるように冗談を交わす。

ですが・・・・現実は甘くありません。行く先々で低活性&小メバ。
一応2人ともボウズは免れたし、寒くなったので終了。
そして車中で酒盛り開始。コンビニで仕入れたホルモン鍋をガスコンロで調理。
暖かくて幸せ〜。
深夜に車の中で火たいて鍋つつく男2人組はかなり不審&命しらずです(笑
酔いも回り気持ちよ〜く寝袋にくるまれて就寝。

その何時間後か・・・・・・・・・
朝マズメにそなえてかけておいた目覚ましよりも早く起床。なにやら下腹部に危険信号。
しかも限界の時は近し。大慌てで制限速度+?で近くの駅のトイレへ駆け込む。
すると、朝5時すぎだというのにおばあちゃんが清掃作業中。なんでやねん。
まってる場合ではないので使用させてもらうと、遠くでぶつぶつと独り言で怒ってる。
悔しいのでバリバリっと響かせて威嚇30分くらい出たり入ったりを繰り返してやっと復活。
パヤン君はどうもなかったのに何故?皆様釣行中の食べ物には気をつけましょう。

運を出し切ったのか、昼までエギングしたけどボーズで終了でした。


4月17日
久しぶりの凪になりオクトで出船。天気よし、潮よし、気合よし!


まずは壱岐沖の深場をせめるもアタリ無く、すぐに七里へ移動。
さあ、釣るぞと軽快にシャクルとジグも軽快にあがってくる・・・・・
まったく潮が動いてない。どてらというのにジグはきれいに真下に入り、何度フォールさせてもラインは直角のまま。しばらくまったりとした時がながれる。
その後潮が流れ始めたと思ったら今度はガンガン流れて2フォールでジグははるか彼方・・・
そして潮が動けば魚が動く。七里のヒラスがミヨシの人に集中攻撃開始〜〜〜。
パターンにはまったのか、その人にヒット集中。こっちも負けじとしゃくってやっとヒット。でも10mくらい巻いたところで禁断のポロリン 皆様すいませんでしたorz
潮が行っているわりには今一釣れず、コンビネーションやフェイクなどいろんな事して昼までにやっと3kgくらいのヒラスをゲット。ヨコワが単発ではねたり、流れ藻にヤズがついてたりと魚はいるようだけど釣れない。
昼すぎにはなんとなく船内だらけムード・・・・・

そんな時、こんな状況を打破する1本の電話が船長にかかってくる。
「対馬で10kgヒラス6本!まだまだ釣れそう!」
粘って潮がかわるのを待つか、対馬へ移動か。船内の意見は移動に決定。スロットル開きまくって大移動。

到着すると、潮は2ノット以上で流れ、ソナーも魚探も真っ赤。100%釣れる予感。残された時間は僅か。気合が入る。
期待の1流し目、中層でドカンとヒット!ミヨシの人と私のロッドが海面につきささる。2人ともガチガチのロッドだったのにバットから曲がって激しくドラグが鳴り響く。しかし、リフティングに移ったところでバチンッ
みごとに両方リーダーブレイク。使っていたリーダーは100lbと80lb、そうそう切れるものではない。デカマサがジグまる飲みしたんやろうね〜っと船長のお言葉。
そして、このブレイクなんて関係ないかのように船中ヤズ祭りスタート。あっちでポイ、こっちでポイとヤズが取り込まれ、その中の誰かに良型ヒラマサがヒットする。
海の中も人間も異常なほどの高活性。春の対馬爆発!
ヤズの中からヒラマサを選んで釣ろうと思って、ジグを替えたり、シャクリを替えたりするけど落とすたびにヤズが着いてくる。ヤズ相手に腕がパンパンになったころにヒット!


ドラグ出しまくりで春マサはパワフル。疲れてるのでへっぴり腰&ロッド変な持ち方してるのはご愛嬌ということで(笑

上あごにがっちりとフッキングしてあがってきたのは8.3kg(血抜後)のプロポーションの良いヒラマサ。
そして祭りは続く。流すたびにヒット、ヒット!
1時間30分ものあいだ活性が続き次々と良型があがり、潮がたるんできた所でアタリが遠のく。


嵐のようなラッシュのあと神の扉は閉じた

SALTWORLDの古谷さんの記事のパクリです。かっこいいので使っちゃいました

潮がとまったところでちょうど沖あがりの時間となりストップフィッシング。
春の対馬の威力を見せ付けられた1日になったとともに、大マサのリベンジという次回の宿題ができた。


本日の釣果ヒラマサ8.3kg・6.5kg・3kg、メジ5.5kg、ヤズたくさん


4月23日

大漁丸さんに初乗船。外から見るよりもキャビンが広くてなかなか快適。べた凪だったのでポイント着くまで爆睡。最初は壱岐沖でスタート。
潮が動かずアタリなし。小さいジグ落として底タタキしてアラカブ1ゲット。まずはボウズのがれ・・・・
で、釣れないから七里行きましょうか〜。でも最近釣れてないんですけどね〜。って淋しい台詞とともに移動。
ところがどっこい、着いてすぐに8人同時ヒット!私もちゃっかり掛けてます〜。タモが間に合わないからリーダーつかんで抜き上げ。船上大騒ぎ。いっぱい釣れたのですぐに漁師さんも集まってきて、ポイントは過密地帯。
朝から笑いが止まりませ〜ん。
それからポイント移動のたびにあっちで、こっちで釣れ続け昼までに船中27本!
昼頃にオクトの船長とTEL。向こうも13kgトップに良型ラッシュとのこと。
春マサ活性高し。


ヨコワもあがって、死にそうなヒラスもでてきたので昼すぎに勝本に入港して氷購入&小休憩。
午後からは壱岐沖でちょっとやったけど、アタリ無く早上がりで帰りました。

ミツミツの釣果
ヒラス&メジ 6.5kg〜4.3kg 6本  アラカブ 1
帰りにBWHよったら茂木さんが来店されてました。七里に出られるようで。いい状況なので大きいの釣られるんでしょうね〜。


4月26日
海峡さんで汐巻に出船。曇天で肌寒く、釣果も寒い一日でした。
水温低下か、濁りか、潮はばっちり動いているけど反応なくあたりなし。
先日まで爆釣だったヒラスはどこへ・・・・
たま〜に船中誰かにアタリあるけど、すべてショートバイト。
私も1回だけフォールでアタリあったけど乗らず。

ヤズは10匹ほど釣れました。

HPチェックしたら翌日はまた爆釣してました。1日ずれとけばよかったのに〜 シクシク。


4月27日
太一JIGさん所に用事があって行ったら、メバリング行くよ〜っていわれて思わずバイト。
最初のポイントは潮が動かずどんより。先行者が居たけど釣れてないとのこと。
しばらく投げたけど小アジが1匹釣れただけで場所移動。
次のポイントは潮も動いて良い雰囲気。
太一JIGさん、プラグで1投目からアタリ。3投連続バイトで1キャッチ。これは爆釣じゃ〜と思ったらそれっきり沈黙。
私はワームで小メバ2匹でした。


4月29日
GWスタートと同時にエギンガーもぞろぞろと・・・・・
朝早くから山陰ランガン。数は少ないですが、それぞれのポイントで誰かが釣ってます。
私は残念ながらアタリすらなし。シクシク。
今日はダイコロさんに会いました。見たことないようなでっかいアオリが浮いてたそうです〜。
漁師さんの網では4kgくらいのが捕獲されてたという噂も・・・・・


4月30日
昨日釣れてたポイントへ夜勤明けの重い身体を引きずって出動。
到着が1歩遅くて時合を逃したようで、ダイコロさん、GO君がすでにGETされてました。
昨日、今日と午前中に回遊がありました。
風強いし、眠いし、釣れないし・・・・・ 
夜勤がもう一日あるので1時間くらいで撤収しました。
あちこちでアオリゲットの声がきこえるようになってきましたね〜。アセアセ。


戻る