5月の釣行



5月1日
3度目の正直ならぬ、3日目の正直。
昨日よりもさらに重い夜勤明けの身体・・・・
しかし目はギンギン、ハンドルは自然に海の方向へ。
この2日間釣れたポイント、時合はほぼ一緒。今日も同じパターンであることを祈りつつポイント到着。
しかし先行者5名いますが人間が低活性。朝方1杯出たけど他は・・・・・

時間的に絶対出ると信じてシャクリ開始。風が強く、ラインがふけるため竿先を下げ水面下でラインを張る。
開始5分。潮も動いていて気配ありと思ってたらボトムステイの間に乗っかってました〜。ドスン。
久しぶりのジェット噴射は快感です。初おろしの烏賊人92DEMOのティップが曲がって1450gオスゲット。

この竿、このサイズがかかっても曲がりません。やりとり見てる人は上がったサイズみてびっくりです。ニヤリっ

このあと潮止まりとなり撤収。わずか1時間の釣りでしたが結果が出せたのでめでたしめでたし。

他のポイントも釣果上向いてきてるようです。いよいよ本格シーズン開幕でしょうか。
去年のような爆釣スタートまであと何日?


5月5日
今日は楽しい子供の日。
ちーかまさんとオクトへ。現地でぶちさんとも合流。
今日こそ大物を獲る!っと気合十分。本日のスタートは対馬から。


潮も動いて魚探も反応ばっちり。朝からワクワク、興奮しまくり〜なのですが・・・・・・
釣れない(悲
漁師さんも、周りのジギング船も魚の姿は見えず。2時間くらいがんばって船中小ヒラ1本。
辛抱たまらず、七里へ移動です=====

気持ちを新たにスタート。が風強し。ラインはどんどん出て行くし厳しいジギングです。
でがんばってしゃくってるとヒット〜〜〜。沈黙をやぶってニヤニヤ。で15mほど巻いたところで痛恨のフックアウトorz
この渋い中なんて事したんだ〜っと思ってたら数秒後に隣のぶちさんにヒット!
向こうのほうが美味しそうに見えて乗り換えたなぁ〜(笑
この後もショートバイトはたまにあるがヒットには持ち込めず。残り時間も僅かとなり最後の望み(お土産ヤズ釣り?)をかけて壱岐沖へ。

ここも反応だけは完璧です。

ボトムから中層から〜〜〜トップにも反応あります。って疲れてボロボロの身体に追い討ちをかけるアナウンス。

ここまでくれば壊れましょう。みんな楽しく全層しゃくり〜。
最初の流しは不発でいや〜なムードが一瞬漂う。船長の顔もこわばる(笑
でもちゃんと次の流しから釣れました。ヤズが、ヤズが、ヤズが!祭りだ〜。
で、ちょっと重たいかな〜と思ったら3kg位のヒラスゲット。掛かりどころが良かったのでポイっと竿で抜き上げ。

隣を見るとぶちさんのジグはヤズに舐められ、弄ばれた末に目玉が取れ、3分割のジョイントジグ。

ヤズならこれでも釣れるよ〜とそのまま投入。そして次に釣り上げたのはりっぱなマダイ。
うらやまし〜。こっちにも来いと念じつつユラユラスロ〜で巻いてるとボトム近くでヒット。うおぉ〜やったぜと思ったら事件は起こらずヤズでした。
そして迎えたラストの流し。今日はしゃくって死んでやると渾身のジャーク。フッとジグの重みが抜けた後グィっと引き込まれてヒット!この首の振り方はヤズ じゃないよ〜。ちょっぴりドラグがでて上がってきたのは5kgのヒラ。このヒットを皮切りに、ぶちさん、ちーかまさんと連続ヒット。周りを見ると今までの んびりしてた漁師さん達も一斉に瀬上を目指している。にわかに活気ずく海峡。
船長も気合が入って残業2流し追加。流しのたびに誰かに良型がヒットして最後のドラマを堪能した。
そして今日は渋い一日だったと思ってたら、いつの間にこんなに釣れてたのというくらい活け間に魚が入っていた。

ほれほれ、〆ろならべろ〜。釣果の一部です。デカヒラメにデカマダイ、ヒラス〜ヤズ。
私は5kgと3kgのヒラス、ヤズ3でした。

ちーかまさん、連敗記録脱出の良型メジゲット。
何が起こるかわからない!最後の一流しまであきらめたらいけませんね〜。


5月7日

仕事帰りにちょっとだけ顔出すとYさんがkgオーバー連発させてました。私は・・・・・・沈


5月8日
朝4時。山陰のとある漁港。真っ暗な中平日だし1番乗り〜?っと思ってたらすでに大勢の方が竿振ってます。
ありえない・・・・
どんな人たちじゃと思ってたら明るくなってふと見るとmocciさんじゃあ〜りませんか。
そして常連の神様のような人達。
かなり風は強いけどフォローの風なのでエギがぶっ飛んで気持ちいい〜。MAX80m近く飛んじゃいます。(新品の糸がほとんど全部出た)
ですが・・・・釣果の方は今一。回遊が単発のようです。昼まで粘って1850g、700g、剣先1でした。
昼前にはポツポツと回遊があったのですが、回遊ルートがすべて1方向からで、そこに鬼のmocciさんが居る(笑
きっちりとすべていただかれました。

ダベリングに花咲き、烏賊の顔もみれて楽しい一日でした。


5月9日
夜勤明けで昼まで2時間ばかり釣行。
ぼ〜っとしながら釣ってるとこれまたぼんやりした、のそっとしたあたりで830gでした。


5月10日
夜勤2日目終了〜。昨日よりもさらにぼ〜っとしながらしゃくる。
ぼ〜っとしすぎてボトムに置いてたら800gの甲イカ御用でした。


5月11日
日曜日のトーナメントのプラをしようと思ってたら爆風。本当に最近天気が今ひとつ。
まずはいつものポイントへ行って1200g1杯。お土産確保できたので場所移動。
以前から気になってた地磯開拓。崖を上り、くもの巣を払い、藪をかき分けてやっとたどり着いたワンド。着いてみると思っていたより浅く、昆布がず〜っと生 えてて予想と違っていた。引き返そうかと思ったが、せっかくきたのでやってみると、5投目くらいですっと持っていくアタリ。810g♀御用。オスが居るは ずとしばらくがんばったけどエギロストしたので落ち込んで終了。帰りの道のりが辛かったっす。


5月13日

明日のトーナメントの場所が決まらない・・・・・
どうしようと思いつつ仕事帰りに関門へ。夕マズメのひと時。潮はゆっくりと流れており徐々に早くなっていく。このパターンは釣れるはず。ボトムをとるとす ぐに着いてくる海草に悩まされつつ沖から探ってきて、手前の海草の際にステイ。するとドーンっとのっかってきて墨を撒き散らしながら引きまくる・・・・ 1700g甲イカ。君じゃないのだよ。
そして薄暗くなってきた頃に同じパターンでヒット。ゴンゴン引くからまた甲イカかと思ったら今度は1300gアオリ。
暗くなったところで納竿。


5月14日
いよいよ待ちに待ったトーナメント。
朝から気合十分のGO君!私とSさんはポイント選定にまだ悩んでいる・・・・
開会式の後みんな思い思いの場所に散っていく。
私もスピードだけは負けじと法定速度内?で走る。朝から山陰で釣りをしている友人にTELしてみると爆風で海はウネリが入り釣りにならないとのこと。そこで関門をめざす。
今期まだ行ってないポイントだったがこのところ関門各地で釣れてるのでいいかな〜なんて考えながらハンドルを握る。
長い移動のあとやっとたどりついたポイント。先行者3人。釣れていない(爆
潮はよさそうだったので可能性に掛けてシャクル。シャクル。エギ替える、シャクル。
駄目だめです。10時頃悩みに悩んで移動。山陰方面へ。波高くにごりも入っていて辛い。満員御礼の波止ではたま〜に誰かに当たっている。祈るような気持ちでしゃくり続けるも結局アタリ一つとれずに帰着時間となった。
結果はGO君3位。さっすが〜。1位は2杯で3600g位。
普段釣れても、この日に釣れなければ意味がない。Sさんとトーナメントの難しさを語り合い、来年のリベンジを誓った。
(Sさん、トーナメント前の週は2kg台連発させてたのに〜、、、、残念っっ)

撤収中の写真にて人がまばらですが、本当は100名以上の人が参加されてました。


5月20日
まちにまった週末って私の休みは不定休なので関係ありませんが・・・・
夜勤明けの休み、徹夜で4時前に山陰の某ポイントへ現地入り。
先週好釣の噂もあったせいかすでに多くのエギンガーが陣取っている。
ちょうど美味しいポイントがあいてたのでそこに入る。
お隣さんに「おはようございます」と声をかけると
開口一番返ってきた言葉は・・・・・・

「そこに入るんですか?狭いです!」

????おぉぉ〜。殺伐です。

ここのポイントのいつもの過密度から考えると2人は入れる間隔なのですが。。。。
状況を知らない人なのでしょう。でも先行者は立てるべきだし
嫌がってる人の隣でやるのも気分が悪いのであたりを見渡すと、先端にどうやら入れそう。
とりあえずそっちに入って、お祭りも嫌なので明るくなるまでしばし待機。

結局、その隙間には後から2人組が来て割り込まれてた。私が入るよりもよけい狭くなったようで(笑
ここ見てるか知らないし、おせっかいかも知れませんが、心当たりのあるあなた。
あなたの立ち位置は失敗です。私が立とうとした場所かもっと付根のどちらかがポイントです。
攻撃してこなければ、その場で教えてあげたのですが。

風は強いし、朝から気分の悪いコミュニケーションをとったのでげんなり。移動も考えたのですがせっかくポイントにも入れたしまぁがんばってみるか・・・・・と悶々と夜明けを待つ。
(結果としては失敗だった。移動しようと思ってたポイントで、友人が午前中だけで8杯獲ったそうな。鬱)

そして迎えた夜・明・け〜〜〜
時折雨まじりでいつまでも薄暗い。風に負けないように集中力を研ぎ澄ましティップとラインに意識を向ける。
鋭いジャーク!!

すると、波止の手前の人にヒット(笑
でもバラシ。

そしてお次は私です。きつめのドラグが出るはずも無く400g
とりあえずイカの顔みれて一安心。周りも何杯かあがるが小さい。

それから早めのジャークの一瞬の間に一気に抱いてきた1850g
こいつサイズの割りにむちゃくちゃ引いてあがってきませんでした。

しばらくアタリなく、エギローテーションやシャクリをいろいろかえる。で、ボトムを意識して水平ジャーク、
着底の瞬間、カンッとあたって1300g。
本日のロッド、エクストリーム922、恐るべき感度。今までのロッドではコンッときてたのが、金属的にビンビン伝わってくる。

この後アタリがなくなり、てこ丸さんと合流すべく関門へ移動。
激流のなかシリヤケ1杯。
いろいろ話してて、ポイント調査に行こうという話しになり東へ移動。たぶんだれもエギングをしたことがないような場所へ。
投げ師がいてキスがポツポツ上がっている。これは・・・・っとてこ丸さん、金テープを選択。ストラクチャーの際からいきなり巨大甲イカを引きずり出す。ここにイカいるの?っと投げ師の注目を一身に浴びていた。
気をよくして頑張ったが追加なく昼過ぎで本日終了〜〜〜。
夕マズメを攻めに行こうと車のなかで仮眠してたら寝過ごしてあたりは真っ暗になってました。退散====っっ!


5月22日

仕事前出勤で2時間がんばって1300gオス。今日夜から対馬に行くというのに何やってんだろ(笑


5月22日〜25日
太一JIGさんと対馬にエギング遠征に行く予定にしていたのだが、世間はマグロが釣れているっ!!!

ということで急遽春漁丸さんにお願いしてオフショア遠征に。朝一は風が強く出船が心配されたが、無事七里へ。
1日中マグロが跳ねまくる最高の日。船長から魚の向きやベイトの種類が的確に指示される。

トビウオが飛び出したところにルアーが通った瞬間ヨコワが飛び出すっ。

反射的にあわせてしまいミスバイト。。。。。

その後もミスバイトにフックアウトにとイライラがつのる。


そしてついにがっちりとフッキング。
暴力的なドラグの出方に興奮して気が狂いそうになる。
数回のランをしのいでリフティング。腰が、腕が悲鳴をあげる。
体力を使い果たしやっとの思いでランディング。
こんなにきつい思いをするなら掛けるんじゃなかったと思ってしまったほどしんどかった。


太一jigさんもヒットのあと腰が〜っと叫びながらやりとり。2人ともボロボロになりました。
結果、2日間出船してバイト多数、3キャッチでした。





5月28日
風強〜〜〜い。
朝から景気よく爆風なのにポイントは満員。みなさん元気です。
どこかパラダイスはないかな〜と考えて島流し決定。

定期船の船中、大揺れでリバースを感じながら何とか抑えて上陸。
沖なのでさらに風が強く、堤防はしぶきをかぶっている・・・・・・
風裏を求めて、テクテク、テクテク・・・・・
山越えてたどり着いたワンド。


シャローで藻場が広がってて思わずよだれ物。
なんだけど風が回り込んでほのかな向かい風で藻の切れ目の、おそらくポイントであろう所まで届かず。
しばらくやって反応無く、やっぱりもとの波止場へもどる。
横風なので、風上で投げたあと50mくらい風下に歩いてからシャクル。
キャスト、歩く、シャクル、歩く、キャストと釣りというよりはウォーキングにきたみたい。
頑張った甲斐あってイカきた〜〜〜〜。


小さいですが。群れが回ったのか連続ヒット。バタバタと5杯。
最終便の船までねばったけどこれにて終了。


1050g、850g、800g、730g、500g


5月29日

仕事帰りにてこ丸さんと合流してエギング。
ここはね〜、こうやって、ここで、このエギでね〜。
ほら釣れた〜。
また釣れた〜。
っっって、てこ○さん、釣れ過ぎですから〜。
で、ちょっと晩飯食べに帰ってくると言い残し帰宅。

鬼のいぬ間に〜と頑張ったけど釣れず。

そうこうしてるとてこ○さんが、帰ってきてキャスト再開。
そしてまた釣ってるし〜〜〜。どうなってるざんすか。

郷に入っては郷に従え。てこ○エギにてこ○シャクリで私もアオリ600g、甲イカ、シリヤケ、手長蛸2ゲット。

スカリに甲イカとアオリを入れてたら事件発生。
ウオノエかヘラムシか、よくわからない虫たちにびっしりと取り憑かれてご臨終されてました。
なんてこったい。ここには二度とスカリはつけんぞ〜。


5月31日
ぎっくり腰になってしまい腰痛に苦しんでるのに無謀にもコルセット巻いてオクトパスにてヨコワキャスティングに出撃。
天気よく、凪で絶好のヨコワデー。

師走、春漁丸、快楽、梅の家(若丸)とみんなキャスト、キャスト、キャスト〜。

が、しかし今日は単発のボイルが多く、沈みが早い。
何度か群れにあたるもヒットせず。
鳥も散って魚を追いきれてない様子。

午後になってやっと海がざわつき始める。
ヨコワに追われて飛魚が跳ね、イカの群れが海面を真っ黒に染める。

移動を繰り返しついにチャンスタイム突入。
ヨコワは見えなかったが20〜30匹の飛魚が一斉に船の横に飛び出す。
キャストが決まり、飛魚の着水の少し向こうにプラグが入る。
出ろ!出ろ!
焦って早く動かすと出ないという春漁丸の船長の言葉を思い出しながら丁寧にプラグを引っ張る。
期待、緊張、じれったい、緊迫した空気が張り詰める。
海面がもわっと動いた次の瞬間ひったくるようなバイト。8kgくらい掛けているドラグが一気に出て行く。
ファーストランをかわした後、追い合わせを入れて反撃開始。
腹あてのファイトだったのでIさんがギンバルを付けてくれる。
じわり、じわりと間合いを詰めるが、セカンドランでふりだしへ。
痛めた腰が悲鳴をあげる。
長期戦はきついので魚の動きを抑えて強気のリフティング。
ミヨシでファイトしていたが、魚は船の下へと泳いでいる。
手すりを避けて立て気味のロッドのベンディングカーブが限界を伝える。船長に船を下げてフォローしてもらいながらテンションを掛け続け相手を弱らせる。
のこり20m。ゆらっと水面下に巨大な姿が見える。
もう一度走るか?魚の頭はまだ上を向いている。

あと少し・・・・・

冷静にファイトしているつもりだった。魚が見えた焦りか、タックルへの過信か。ロッド、ラインの角度が危険なのは分かっていた。
それでも、今テンションを変えると必ず走られる。その思いが強かった。
このままもう少し浮かせよう。、それから走るならもう一度走らせたらいい。そう思った次の瞬間・・・・・

バンッッと大きな音が響き、生命反応が、ロッドが、すべてが失われた。

おそらく40kg級だったであろうヨコワ。プラグが外れて生き延びる奇跡を信じたい。
すべては自分の判断ミス。ターゲットとタックルを失ってしまったが、ファイトの仕方において得たものは必ず次回へつなげようと思う。

この後も活性が続き、夕方遅くまで船長は頑張ってくれたが、船中ショートバイトのみでヒットにはいたらず。
若丸のお父さんと、ともちゃんに挨拶して帰路につこうとした瞬間若丸の目の前に大ナブラがでて、ともちゃんヒット!が、おしくもフックアウトしていた。

リベンジに向け、次の竿は何にしよう・・・・・


戻る