8月の釣行


暑い、暑い、暑いです。釣りに行くと干からびそうなのでダイビング三昧です。

&BBQやらキャンプやら。

魚も釣りたいな〜。何か釣れませんか?


8月26日

オクトパスでジギングへ。

太陽が照りつけ、海はべた凪・・・・・ まさに夏の海〜
釣りに行かずダイビング三昧だったので約1ヶ月ぶりにロッドを握る。

まずは壱岐の島まわりからスタート。水深30m〜60m位なので楽チンなんだけど、すぐに多量の汗噴出っ!!
満ち5分、潮はゆっくりだけど動いて魚探の反応も良好。いつヒットしてもいいように心構えはばっちりなんだけど誰にもアタリなし。。。。
最近はずしてないんだけどと船長も首をかしげてる。 

時間と汗を消費して昼前に七里へ移動。風が無く潮もゆったりなのでジグは真っ直ぐに落ちていく。
う〜ん嫌なパターン。アタリも無いし・・・・

と思ってたら隣の人が、何かいる〜っと海をのぞいてる。夏の定番ペンペン君登場
ちょうどジグを回収してきた所だったので水面下5mのところでストップ。じっとおいてたら4匹がジグをかこんでウロウロ。そのうち1匹がパクッとくわえて走り出す。ティップが2cmだけ曲がってあえなく御用。

葉っぱのようにペラペラのお子様シイラ。元気良く海へお帰りしていただく。

しばらくするとお隣さんのジグにもペンペンヒット。
ヒットですね〜って話してたら私のジグもフォール中にやられる。どうせならメーターオーバーの群れに囲まれたかったなぁといいつつポイント移動。

どこも反応はいいのだが、アタリが無い。集中力を切らさないように底潮の境目やベイトボールの切れ目を意識しながらシャクル。そしてついにヒット。 元気良く暴れて3回もドラグを出したので良型かと思ったが、中層までくるとパワーダウン。ゴリまきで難なく寄せて5kgのヒラマサキャッチ。

ファーストフィッシュに船中活気付くが再び沈黙の海へ。下げ5分まで七里で頑張ったが同船者に1回良型のヒット&ブレイクがあっただけで追加無く、夕方のラストチャンスに賭けて壱岐の島周りへ戻る。

船長も1匹だけでは終われないと気合を入れて、1つのポイントで粘らず活性した群れを探す作戦で移動を繰り返す。残り時間も少なくなり焦燥感がただよう。疲れた身体に鞭打って渾身のジャーク。

大きく激しいスライドでベイトをかき乱し、そこから傷つき慌てて逃げ惑うベイトを意識したジャカジャカ&ショートストップ・・・・というパターンでヒット。ヒラゴだったが渋い中のヒットは本当にうれしい。
短時間に私が3匹、同船者が1匹ヒラゴをキャッチ。ラストに朝夕のマズメに良型が釣れるというポイントへ。1投目、ボトムから5シャクリでいきなりヒット。根に向かって一直線。ドラグが出る。綱引きに勝って浮いてきたのはネリ4.5kg
ヒレ長かと思うような体高のまん丸ボディー。良いコンディションの魚体でした。

久しぶりにネリ釣りました。この後同船者に何度かアタリがあったが乗らず、ついにタイムアウト。
灼熱の太陽の下、燃え尽きるまでジギりまくりでした。

本日の釣果・・・ヒラス5kg、ネリ4.5kg、ヒラゴ×3、ペンペン×2


戻る