11月の釣行


11月2日

太一JIGさんとオクトパスで出船。
最近は七里が今ひとつとのことで今日は壱岐の島周り。
磯の絶景を間近に見ながらスタート。
同船者の方をふと見るとシナトラさん発見。
お久しぶりですっ。

楽しくお話しながら期待の一流し目。
シナトラさんヒット!気持ちよくドラグを鳴らして9kgヒラス。
朝一のヒットは気持ちが高まる。今日は良い日になりそうだと期待したのだが・・・・。

ほどなく私にもヒット!重くなったり、軽くなったり、この引きは・・・・・・

やっぱりサワラ。でも良型は美味なのでうれしい。

今ひとつパッとせず移動を繰り返して、ポツリ、ポツリと魚を拾っていく。

中ブリ〜ヒラゴとドラグを出すほどの魚は出ない。
太一JIGさんもまずまずの中ブリをゲット。

午後に入り潮どまりとなったため大きく移動。大物ポイントですと言われて気合が入る。
いきなり私にヒット。たいしたこと無いね〜。5〜6kg位かな〜。なんて余裕をみせて10m位サクサクと回収。
すると突然の猛ダッシュ。秒殺で20m位ドラグを引き出されザラっとした感触が伝わる・・・・
次の瞬間テンションが軽くなっていた。
こんな勢いでドラグ出されたこと無いよってくらいの引き込みに完敗であった。

そして次の流しで太一JIGさんにも悲劇が襲い掛かる。
ヒットの声に太一JIGさんをみると気持ちよさそうにリフティングしている。
すると突然よろめいて体勢を崩されるほどの引き込みがっっ!
ソルティガ56HSがリールシートからありえない角度で曲がってドラグが悲鳴を上げている。
出されたらやばいですよっと声をかけようとした時には全てが終わっていた。

つい先程の自分の再現フィルムを見ているかのような光景であった。

この後は大物のヒットはなくヒラゴを釣って終了となった。

私の釣果は中ブリ1、ヒラゴ3、サワラ1

後日船長談で、私達がやられたポイントで漁師が30kg級を何匹かしとめたとのことであった。
あまりの悔しさにヘビーロッドを2本発注してしまった(爆


11月17日

少し寝過ごしてしまったが朝から磯へ出撃。
今日はニューロッドの感触を確かめるべく気合がはいる。
磯&ヨコワキャスティング用に今回新調した竿は・・・・・

OCEA GT S97RS !!!

こんなもの近場の磯で振り回してたら不審者ですが。
まずは100gのジグを振ってみる。

スカッ・・・・・

シーバスロッドでメバルのジグヘッドを投げたかのような感触。
まったく竿にのらず。
150g〜でやっと竿にのってくる。
すばらしい〜。

周りの人たちが40g程度のジグを投げている中、1人だけ200g前後のジグを投げ続ける。
この日磯全体でまったく釣果は上がってなく、心地よい筋肉疲労と変な眼差しを一身に受け昼に撤収。

しかし初戦敗退は避けねばと休憩ののち、夕マズメに堤防へ出撃。
ここでサゴシのスーパーボイルに遭遇し僅かな時間に8匹ゲット。
サゴシもエソも、ろくにあわせなくても口がちぎれて上がってくるのは何故?(笑

無事に入魂をすませて、日が落ちてからは道具を持ち替えてアジング。アジ、サバ等小さいが大漁であった。


11月20日

朝マズメ勝負で堤防へ。サゴシのボイルは無かったが、エソが異常に高活性。
本日オシアGTはオシアESOに無事改名となった。
常連に、時期ハズレやからおらんやろ〜っと言われながらもエギングしてみるとこの時期にしてはまずまずのアオリが1杯ゲットできた。


11月22日

今年も海峡さんがやってきたっ。
ということで久しぶりの汐巻方面。
時化気味&汐巻は魚の反応が今ひとつということで
あまり沖まで行かず浅場狙い。
まずまずのヒラとサワラゲットでした。


戻る