9月の釣行


9月1日

太一ジグさん、パヤン君と一緒にジギングへ。玄海?山陰?瀬戸内?
どこに行こうと悩みまくってたのすが結局時化で玄海、山陰はボツ。

急遽シーガルさんにお願いして瀬戸内に参戦してきました。
久しぶりの瀬戸内。ハマチナブラでるかな〜とウキウキです。

午前中はシブシブ、あちこちのポイントを周るけどパッとせず。

ライジギタックルでしゃくってるとボトムで何やらヒット?根がかり?ちょっと動く?
岩にしては時々ほんの僅かに動くので何かな〜と苦労してあげてくると、尻尾の一番後ろにスレてたヤズでした(笑

夕方になってやっとナブラ発見。もわっもわっとそこかしこで魚が出てる。
トップを狙うも反応悪くジギングに変更。ジグには良反応でバタバタとヒット。

結局7回ヒットで4匹ゲットでした。3匹は抜き上げでポロリン・・・
2.5kg〜3kgの丸々としたヤズハマチでした。


瀬戸内も楽しいですね〜。また釣りに行きま〜す。

サイズのわりにむちゃくちゃ脂のってます。最高でした。


9月8日

仕事帰りの釣行。明るいうちはタコゲー。てこ○さんと電話しながら、足元に仕掛けをつけてたら釣れてた・・・・

ある意味てこ○さんに感謝?

で、暗くなってからタッチーへ。昨夜せこせこと4本針ワイヤー仕掛けを半田付けして作成してたんだけど、あまりの渋さに普通のフロロハリスで釣りました。3回あたって釣れたのは1匹のみ。この後2箇所回ったけど魚の気配がなく撤収しました。


9月10日

昨日ぱやん君からサゴシ爆釣のメールが届いてたので様子見に出動。
のんびりと昼からスタート。現場に着くと風強くなんとも釣りづらい・・・・・・

エギングロッドしかもってきていないため軽いジグしか扱えず、風でラインがはらんでイライラ・・・

期待のボイルもなく投げてもしゃくっても何もなし。
ベイトのイワシは大量発生しており雰囲気はあるのですが。


それをすくって生餌でフカセしてる人がいて、釣果を聞いてみるとびっくり。
シーバス×2、チヌ×5。どれも良型なり。
近くで投げさせてもらったが、一度シーバスがジグを追尾してきて反転するのが見えただけ。
ジグ、ミノー、ペンシル、ワインド、エギと様々な道具をベイトの中に通すもノーヒット。

あきらめてぼ〜っと海をのぞいてると、海底になにやらうごめく生物多数。
カニ、カニ、カニ〜〜〜。
ジグにトレブル装着し引っ掛けてゲット。巨大なハサミを振り上げ、足をバタバタ。怖〜。

縁日の風船釣りのようなおバカな釣りで遊んでたら、帰っていく釣り人から、
あっちでサゴシが釣れてるよ〜っとありがたいお言葉。

すぐさま場所移動。
投げる、巻く、投げる、巻く。。。。しまった。時合すぎたか。。。。
ゴッ!!うぉっ油断してたらヒット。

かわいい顔した奴がきた。

一応海からの反応があったので人間の活性がほんの僅かだが上がった。
そしてさらに・・・・

きたきた〜。本命ゲット。細っ!小さっ!でもエギングタックルなのでそれなりに引いて楽しかった。

この後暗くなったので納竿。
が、しか〜し、これだけでは夕食のおかずにならぬということで夜の部へ突入。

キビナゴ買ってタッチー釣りへ。潮もいいし爆釣じゃぁ〜っと勇んで出陣したら、

釣れました〜。指3本〜3本半が6本。(この写真撮影中にも1本釣れた)

ウキが沈んで・・・・軽く聞き合わせ・・・・コツコツ、ユラ〜・・・・
いつになったら食い込むのっ???というイライラがこの釣り魅力。堪能しました。

今日は自作ワイヤー仕掛けを使ってみたが、ハリス切れもなく、食い込みも問題なかった。
大量生産しておこう。


9月13日

前回のタチ釣りが好釣だったので期待して出動。現場に着くと爆風でした・・・・。
波あるし、正面の風で我慢の釣りとなりました。2回あたって1匹キャッチ。

手前で相当暴れて良型の予感。抜き上げたのは指4本クラス〜〜〜!!

近場でこのサイズなら文句なしですっ


9月14日

良型タチの引きが忘れられず、連戦。
が、昨日に増しての暴風。時化てるとタチは反応が悪いようで。

1回だけあたったけどすぐに離されて終了でしたっ。


9月18日

八里ヶ瀬へジギングに行くはずだったけど時化で中止・・・シクシク。
ということで気持ちをあらたにショアジギへ。

夜明け前からパヤン君と待ち合わせてまずは磯へ出撃。

この日の波予報・・・・「波高2.5m うねりを伴う」  うねりを伴うって????あまりみたことない予報ですがっ??




現場について納得。映画のオープニングのような時化っぷり。波周期が大きくて、ゆ〜ったりとしたペースで大波が押し寄せる。
そして磯にあたって豪快に波が高く砕け散る。瀬際に近づくと確実にやられる状況でした。

風裏はそれなりに穏やかな状況だったので釣り開始。
投げる、巻く、投げる、巻く、、、、

隣にアジ掛けの釣り人が来る。

投げる、巻く、投げる、巻く、、、、

またアジ掛けの釣り人が来る、、、、、

みんな磯の上のほうから状況をみて降りてきてるとおもうのだが、何故か潮上に陣取る。
気が付いたら15mほどの間にエサ師が6人。
そしておきまりのようにこっちの前にウキを流してくる。せっかく投げたアジを弱らせたくないから回収せずに流したいのは分かる。
それなら潮下が空いてるからそっちに行けよ・・・・・ひどい時には、ウキが投入された時点で私の前を横切っていた。
私は投げられないのでジグをプラプラ、キャスティングの真似をしてみたりしてアピールするが無視。

あまりに腹立たしいので私の前に来たウキにはジグ直撃のプレゼントをお見舞いしてやった。もちろん仕掛けが絡むと嫌なのでギリギリの線を狙い打つ。そしてフォールさせずに水面をバチャバチャと高速回収の繰り返し。釣果よりも釣座を掛けたバトルとなってしまった。


平常心を保てないままにでたらめに巻きまくっていたのだが、奇跡のヒット!!!
ゴリ巻きでよせてちびっこヒラゴゲット。あまり釣れてない状況だったので素直に嬉しかった。

小さい魚はムツ。
夜明け前から昼前までがんばったのだが釣果はこれだけ。パヤン君にはヒット無し。磯全体ではヒラゴが5〜6本あがってたようです。

この後粟野の「ながれだ」で昼食。ここの日替わり定食@600円はお気に入り。
コンビニ弁当よりも出来立てのオカズとあたたかいご飯ですよっ!!

満腹になったところで漁港に移動。

        

およびでなかったのだが、奴らは入れ喰い・・・・・ 夕方までたっぷりと遊んで終了となった。


9月24日

前回時化でながれた蓋井のライジギへ太一JIGさん、MOTOさんといってきました。
風強くややうねりのあるコンディション。船酔いすると豪語していたMOTOさん(笑

やっぱり撃沈・・・・・アネロン飲んでどうにか釣りは継続しちょりました。


この日はなかなかに厳しいコンディション。反応はそれなりにあるのですが、釣れない。
そんな時はインチクです。奴が来た〜〜〜。ライトロッドでのやりとり、ドラグを鳴らして大暴れ。

この後太一JIGさんも速攻でジグやめてインチクに変わっていたのは秘密である(笑

が、インチクもこの1匹だけ。まじめにジグしゃくると小ヒラ祭り開始。
太一JIGさんヒット!MOTOさんヒット! がっMOTOさんはラインブレイク〜残念っ。

その後は瀬際を流してキャスティングで孫ヤズをいじめて終了となった。


9月25日

ぱやん君と磯へ行きました。

だれにも釣れてません。お隣さんのジグに何か喰ったと思ったらイトヒキアジ。

早々に撤収です。。。。。

場所移動して高級練り製品に癒されて帰りました。


9月28日〜30日

今年もシイラが始まりました。待ちに待った遠征ですっ。
今年のメンバーはMOTOさん、ぱやん君。それと現地集合で太一JIGさん。

心配した風はそよそよ程度。もっと吹け〜と祈りつつ朝から投げるとキタ〜〜〜〜っ

140UP♂ !!!!!

釣られたのはお隣さんなのでした(笑
回遊ない中お見事。

ぱっとしない状況なので場所移動を決意。
歩き始めたところで突然の回遊。

何でやねん!
大慌てで戻ってキャストするとまんまとヒット!

やったやったぁ〜〜〜。
ギャフは片付けてたので、階段からハンドランディング。120型でした。


その後ESO養殖場に移動してかまぼこ屋が出来るくらいやっつけた。

夜は温泉つかって宴会です。
太一JIG(嫁)さんの実家がこちらなのでシイラはもってかえってもらいました。
すると〜〜〜刺身になって帰ってきました。ありがとうございます〜〜〜。

2日めはたいした釣果なし・・・・ ぱやん君はGTをゲット。

ということで温泉&宴会です。

最終日、みんなで燃え尽きるまで投げたのですが・・・・・
次回の宿題ができて終了となりました。

まぁ、釣りではなく温泉旅行に行ったということで・・・・・


戻る