瓶ケ森(2019年 6月5、6日)

過去の山歩記録へ        続・のんびり山歩記録へ       ホームページヘ

 

 

     

初夏の落日。 まもなく満開!! 蕾も沢山。
  
 【 6月5日 】
 前回の山歩から1週間経過、そろそろ瓶ケ森のミツバツツジも咲いたかな? 少し寒い日もあったのでどうかな?、多少早い気もするけど天気予報から
すると今日がチャンスかも。 ということでいつもの如く瓶ケ森への車中泊山歩に出かける。
天気予報だと午前中から晴れそうなので、午前の光を浴びたミツバツツジと石鎚山をパチリ、と頭の中では絶景を描いて・・・・。
そのため今回は朝7時のスカイライン開門時間に合わせて行く。 土小屋へ着く頃には、曇っていた空が西の方からどんどん青空が広がってくる。
 
”ウン、予想通りだ。!”   ところが、瓶駐車場へ7:47到着したのですが、この頃には北側から雲がどんどん流れ込んでくるようになる。
石鎚にも雲が掛かり始める。 でもマアそのうち晴れるかも、と男山へ登り始める。ですがどんどんガスが流れ込んでくるようになる。
8:55男山着。 すっかり周囲は見えなくなる。 ”こんな筈じゃないのだけど。” 北風が吹いて山頂は寒い。 でも時々青空が覗くので待つことにする。
しばらく待つが変化なし。 山頂方面へ向かう方、下って来る方など数名が通過して行く。 その中には顔見知りの写真屋さんのお姿も。
 
でも皆さんガスで見えないので下って行く。 今日は時間はあるので私はとりあえず10:30瓶山頂へ向かう。 ガスの流れる稜線をミツバの状況を見なが
ら山頂へ向かう。 ミツバは咲いてる木もあるが全体的には朱色に膨らんだ蕾が多い。 全体的には4分咲き?? 先週蕾は少ないと感じたが、今日見る 
と予想外に多くの蕾が見られる。 これなら咲き揃ったならば綺麗かも。 瓶山頂でもしばらく様子見。 でもガスは晴れません。
午後になって晴れても、逆光線になるのでイマイチ面白くないナ〜〜。 仕方ない、とりあえずは下山することにする。 12:30頃駐車場へ下山してくる。
 
駐車場でコンビニオムスビとカップ麺作り。 で、美味しく頂き、といきたいところですが、この時期はあのうっとおしいブトなどの小さな虫が飛び回ってる。
顔の回りをブンブン・・・。 なので防虫ネットを被りながらの食事。 いちいちネットを上げながら食べ物を口に運ぶメンドクササ。 落ち着きません。
腹が立つので、蚊取線香を燃やす。しかし吹く風に煙は流されてあまり効果無し。 ならば次には防虫スプレーをシューっと振り回す。 これもスプレーをかけ
た範囲は虫も少なくなるが、すぐにまた寄ってくる。 何かいい知恵はないものかナ〜〜。
  
午後はすることもないので車中泊準備をして車内で昼寝をすることに。  駐車場には車が数台、休憩中の熟年女性グループなど。
その後、雲もかなり消えてきて石鎚も見えるようになる。 昼寝後はヒマなので周辺をウロウロする。 その後落日撮影の為早めに夕食を済ませる。
  
18:30頃より町道沿いの広場で落日を待つ。 ですが、今日も夕焼雲は無し、西の低い空には薄い雲というか、澱んだ空気層なのかボンヤリ気味。
夕方になると小さな虫が一層多く飛び回る。 ここでも防虫ネットを被り撮影。 19:15頃落日。 今日もこれといってシャッターチャンスもなし。
結局今日も1日成果無しで車に引き上げます。 今夜は、駐車場には私以外に1台の車中泊の方が。
明日に期待して、20:30頃にはシュラフにもぐり込む。
 

霧中のオオカメノキ。 輝くミツバツツジの三つ葉。

  

  

黄昏シルエット。 僅かに太陽柱が・・・。

 

 【 6月6日 】 
 昨夜は少し暑く感じ、シュラフから半身を出して寝る。 3:00いつものように携帯アラームで起きる。 空は星空、石鎚も見えてる。
”ウンこれならいけるかな。” でも晴れるのもいいけど、雲海などが無いとチョット物足りない。  ゴソゴソと出発準備。 他の1台の車にも明かりが灯る。
車内気温は13℃。 少し寒いけど今朝は薄手シャツ2枚で登り始める。 暗い登山道をボチボチ登り今朝も男山へ向かう。
4:14男山に到着。 汗で濡れた体は寒いので服を重ね着する。 東の空は既に赤くなり始めてる。 早速撮影開始。
 
今朝もほぼ快晴の空で朝焼け雲もなし。東の低い空には澱んだ空気が滞留している。 空気もボンヤリ。  これじゃ今朝もチャンス無しか!!
5〜6月の天気のいい日は撮影にはあまり向いて無い日が多い。 やはり天候の変わり目がいいかナ〜〜。
でも、今朝は日の出前に東の空が結構赤く染まる。 朝焼け雲でもあればバッチリであろうけど。 5:00前に笹ケ峰方面より日の出。
5:15頃からは休憩。 食べ物を摂って朝食と薬をゴックン。 今朝は2名の男性の方が山頂方向に向かう。 5:40私も瓶山頂へ向かう。
 
この時間では稜線のミツバツツジはまだ日蔭なので写真には適してない。 下山時に撮影する木をチェックしながら山頂へ向かう。 
あと4,5日すれば膨らんだ蕾も開き稜線のミツバツツジはバッチりかも。(でも雨などで気温が下がればまだ先か? 予測が難しい。)
稜線に陽射しが当たるようになるまで山頂で時間つぶし。 山頂には誰もいませんでしたが、6:30頃ひとりの男性登山者さんが登ってくる。
どこかで見かけた顔だな、と見てみるとなんと〇〇さんです。 既に西黒森を登って瓶源流碑の方から瓶に上がって来たようです。 流石に元気です。
 
いつもご夫婦で登らていますが今日はお一人様でのお登り。 (〇〇さんのHPはこちらです。) しばし話し込んだ後、〇〇さんは男山方面へ向かって行く。
その後私はまだ山頂で時間を潰した後、7:40ボツボツ男山方面へ引き返していく。 この頃には稜線にも陽が当たるようになり、ミツバと石鎚がいい感じで
見えるようになる。 そんな景色をバシャバシャ撮りながらのんびりと下って行く。 欲を言えば瓶と石鎚の間には雲海が流れて欲しいです。
ミツバも綺麗に咲いてる木もあるが・・・・。 あともう少し。  男山を経由して8:37駐車場へ下山する。 気温も上がり陽射しに暑さを感じる。
  
この頃には駐車場にも車が4,5台停まってる。 荷物を片付けた後はいつものようにコーヒータイムにする。 石鎚も良く見えます。
例の小さな虫は相変わらず飛んでる。  昨日、今朝と特にいいシャッターチャンスには会えなかったけど、ミツバの花も見えて石鎚も見えたのでいいことに
しよう!  9:35瓶駐車場を出発して土小屋方面へ向かう。 天気予報は来週は入梅予測・・・・。 ミツバは今日が最後かな。
土小屋でいつものように、ソフトクリームを食べて引き上げです。 土小屋でも気温19℃。 松山は暑いかな!?
    (帰宅して天気予報をみると、なんと来週はお日様マークが並んでる。 予報がよく変わるナ〜〜。 どうしよう・・・・・。)
   

染まる朝の空。 ボンヤリ日の出。

  

  

色も鮮やか、いい眺めです。 いつも撮影するナンゴクミネカエデの深緑をパチリ。
     
         

ホームページヘ