河口湖口より
富士登山(3776m)

富士スバルライン




       自 宅  4:00
       駐車場(朝食)  5:30
 5合目  レストハウス
       (2300m)
 6:20
 6合目  安全指導センター  6:50
       穴小屋  7:00
 7合目  花小屋  8:00
       日の出館  8:10
       トモエ館  8:15
       鎌岩館  8:25
       鳥居荘  8:50
       東洋館  9:05
 8合目  太子館  9:50
       蓬莱館 10:05
       白雲荘 10:50
       元祖室 11:05
 本8合目 富士山ホテル 11:40
 8合5勺  御来光館 12:20
 9合目   鳥居 12:55
    富 士 山 山 頂
      (3776m)
13:45〜14:35
 8合目  江戸屋の分岐点 15:30
 緊急避難所 16:30
 富士山公衆トイレ 17:15
 6合目  安全指導センター 18:05
 5合目  レストハウス
       (2300m)
18:40
       駐車場 19:10〜19:30
       自 宅 21:15


     紀行文の中の赤い文字をクリックすると写真が出ます。


服 装 : 長袖のシャツ・長ズボン・登山靴
水 分 : スポーツドリンク 2000ml


マイカー規制
平成19年度 8月11日(土)〜8月20日(月)

冨士スバルライン(往復)…2000円

登 り 本8合目富士山ホテルで
須走口から登ってくる人と合流します。
下 り 山頂から8合目江戸屋まで
須走口への下山者 と同じ下山道で下ります。

 車を止めた駐車場は5合目より1km以上,下のトンネルの近くでした。5合目レストハウスまで40分程度かかりました。係員の人が親切に車の誘導をしてくれました。
 
 5合目レストハウスで休憩して登山開始です。しばらくは、火山の小石のところを歩きます。7合目は山小屋が6軒ありますので、細かく休憩をとりましょう。7合目すぎから8合目蓬莱館まで岩登りになります。

 8合目を過ぎてからは、息も荒くなり、アクビもでてきます。気圧と空気の薄さを感じました。甘い物や水分を補給して、元気になったところで登り始めましょう。

 本8合目の富士山ホテルのところで須走口から来た人と合流します。

 9合目の鳥居を過ぎてから岩登りになりますが、休憩を上手にとって山頂をめざします。山頂直下の鳥居が見えたらあと少し。最後の元気を出しましょう。

 山頂は気温は5〜6℃です。風が強いときは防寒着が必要ですので用意して下さい。あつあつのホットココアがとても美味しく感じました。

 食事は真っ白な雲海を眺めながら食べました。雲の上にいることを実感し、達成感を味わいました。また雲のすきまから下界のようすも見えました。その日は下界は35℃前後ということでした。

 下山に向けて山頂でトイレをすませます。200円でした。杉板の香りのするきれいなトイレでした。

 下りは九十九折りの下山道です。とても歩きやすいです。砂走りですので、早く下山できます。

 少し下山すると3色の山小屋の屋根が見えてきます。銀の屋根は御来光館、オレンジの屋根は本8合目の江戸屋、水色の屋根は8合目の江戸屋です。

 水色の屋根の8合目江戸屋のところが、須走口に下りる人との分岐点になりますので注意しましょう。近くにいる人に、河口湖口に下りることを、一休みしながら確認すると良いでしょう。

 8合目を過ぎると、茶色の岩肌に白っぽいひとかかえぐらいの大きな石が点在しています。この石が転がったら大変だなと思いました。落石には十分注意しましょう。落石防御用トンネルもあります。

 日没までに下山できるか心配でしたので、富士山公衆トイレのところでライトを準備しました。

 6合目の安全指導センターの方に「ご苦労さまでした。」と言われて嬉しかったです。

 5合目に着いた頃にそろそろ日没が近づいていました。お陰で、きれいな夕焼けが見ることが出来ました。

 ライトは、使わずにすみました。日没予定時刻は18時40分頃(夏)です。ライトは持って行くと良いでしょう。

 河口湖口からの登山は、上り、下りとも登山道が整備されていて歩きやすい。山頂でみた雲海と下山6合目すぎの夕焼けがとてもきれいでした。

                   
戻る:ぶらり山紀行 戻る:雲上散歩の富士登山