関連事業者との連携
〜法人による農業経営〜

岡戸秀仁
編集:岡戸事務所



 食品メーカー、食品流通業者、運送業者等の農業とかかわりのある業者からの出資受け入れによる資本提携を通じて、これらの者の技術や経営ノウハウ等を経営に活用しやすくなり、農地所有適格法人等の「生産物の高付加価値」や「事業の多角化」に大きなメリットがあることが期待されています。

 また、農産物の販路を確保する等の面からもメリットがあると期待されています。





 安定した販売ルートを確立するため、レストランや流通業者と有機野菜やその加工品の売買に関し提携し、販路を確保した上で、広大な農地で多品種の有機野菜を栽培している農地所有適格法人があります。

 生協から堆肥(惣菜等を作る際の野菜・肉・魚の加工くずを使ったもの)の提供を受け、生協との連携のもとに農業経営を行っている農地所有適格法人があります。

 農地法では、農地所有適格法人以外の一般企業・NPO等による農業経営も認めています。
これらの農業参入企業等の活躍も期待されます。




 農地所有適格法人と生活者、農外企業・組織等との連携・協働によって、農地所有適格法人の経営発展が可能です。

 ただし、農地所有適格法人は、農業関係者を中心に組織される法人です。
 農業関係者が経営の主導権をとることができるように、農業関係者以外の者の議決権について制限されています。


農業生産法人の要件







農業経営の法人化とは?

農地所有適格法人

法人化ステップ例


既存の会社等で農業参入を考えている方

農地所有適格法人以外の法人も農地を借りることができます!

一般企業・NPO等による農業経営


農村漁村の発展のために
(新しい商品の開発・新たな取組を支援)

農商工連携

農林漁業者の6次産業化






農地・農業に関する情報!
農地制度


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続き等を行う司法書士・行政書士をご紹介いたします。

090-1609-1514


カスタム検索